【2021年】米澤穂信おすすめ小説ランキング20選|人気文庫で新作

8月 3, 2021

米澤穂信おすすめ

米澤穂信の小説を読むために、実際に私が電子書籍で読み漁ったおすすめ小説をご紹介。

期待して購入したのに「面白くなかった、読んだ時間損したかも」と感じないための人気作品を本音レビュー。

2021年おすすめの米澤穂信作品のあらすじ・見どころを掲載してるので、ぜひ参考にしてください。

29社の電子書籍ストアを使って漫画を読んだ経験から、オリジナルランキングを作成しました。

漫画のあらすじ+編集部の見どころをレビューしていきます。

1.インシテミル

インシテミル

あらすじ

アルバイト情報誌に掲載されていた仕事は「ある人文科学的実験の被験者」になれば、時給1120百円…

これは誤植か? そんな仕事が実在するのか?

それは、より多くの報酬を巡って参加者同士が殺し合う犯人当てゲームだった──。

編集部の見どころ解説

あおい司書
米澤作品らしい不穏さ、不快な緊張のようなものが最初の事件から最後まで満ち満ちているます。最後の最後までドキドキワクワクしながら読み進められます。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

2.折れた竜骨

折れた竜骨

あらすじ

ロンドンから出帆し、波高き北海を三日も進んだあたりに浮かぶソロン諸島。

アミーナはある日、放浪の旅を続ける騎士ファルク・フィッツジョンと、その従士の少年ニコラに出会う。

ファルクはアミーナの父ローレントに、魔術の使い手である暗殺騎士に命を狙われている、と告げた……。

編集部の見どころ解説

あおい司書
この世界観できれいにミステリーしているのが凄い。何より無理に合わせた感じではなく、キャラクターもストーリーもすっと入って読みやすいです。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

3.黒牢城

黒牢城

あらすじ

織田信長に叛旗を翻して有岡城に立て籠った荒木村重は、城内で起きる難事件に翻弄される。

動揺する人心を落ち着かせるため、村重は土牢の囚人の織田方の軍師・黒田官兵衛に謎を解くよう求めた。

事件の裏には何が潜むのか。

編集部の見どころ解説

あおい司書
戦国の戦のど真ん中にミステリーを投げ込んできた着想がすごいです。ミステリー小説作家の見事な歴史小説デビュー。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

4.氷菓

氷菓

あらすじ

何事にも積極的には関わろうとしない“省エネ”少年・折木奉太郎は、なりゆきで入部した古典部の仲間に依頼され、日常に潜む不思議な謎を次々と解き明かしていくことに。

さわやかで、ちょっぴりほろ苦い青春ミステリ、登場!

編集部の見どころ解説

あおい司書
登場人物の価値観や微妙な関係性などが魅力的。落ち着いたトーンで、ユーモアに満ちた青春ライトミステリーで凄く読みやすいです。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

5.儚い羊たちの祝宴

儚い羊たちの祝宴

あらすじ

夢想家のお嬢様たちが集う読書サークル「バベルの会」。

夏合宿の二日前、会員の丹山吹子の屋敷で惨劇が起こる。

翌年も翌々年も同日に吹子の近親者が殺害され、四年目にはさらに凄惨な事件が。

編集部の見どころ解説

あおい司書
驚きと尊さの衝撃。 何回読んでもやられたとニヤついてしまいます。この本は自分の中でトップレベルに面白かったです。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

6.Iの悲劇

Iの悲劇

あらすじ

山あいの小さな集落、簑石。

六年前に滅びたこの場所に人を呼び戻すため、Iターン支援プロジェクトが実施されることになった。

徐々に明らかになる、限界集落の「現実」、そして静かに待ち受ける「衝撃」!

編集部の見どころ解説

あおい司書
ここで描かれている問題は今日本各地で現実に起きていることなのだろうと思うと、考えさせられる部分も多いです。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

7.ボトルネック

ボトルネック

あらすじ

亡くなった恋人を追悼するため東尋坊を訪れていたぼくは、断崖から墜落した……はずだった。

ところが気がつくと見慣れた金沢の街にいる。

不可解な思いで自宅へ戻ったぼくを迎えたのは、見知らぬ「姉」。

編集部の見どころ解説

あおい司書
結末を含めても様々な解釈ができる内容でとても面白かったです。最後の方は悲しくなるほど主人公の気持ちが伝わってきます。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

8.満願

満願

あらすじ

「もういいんです」人を殺めた女は控訴を取り下げ、静かに刑に服したが……。

鮮やかな幕切れに真の動機が浮上する表題作をはじめ、全六篇を収録。

史上初めての三冠を達成したミステリー短篇集の金字塔。

編集部の見どころ解説

あおい司書
全ての話がみな毛色が違い面白い短編集でした。それぞれの話に繋がりはないけれど、読み終わるとテーマが見えてきます。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

9.王とサーカス

王とサーカス

あらすじ

新聞社を辞めたばかりの太刀洗万智は、海外旅行特集の仕事で事前取材のためネパールに向かった。

現地で知り合った少年にガイドを頼み、穏やかな時間を過ごそうとしていた矢先、王族殺害事件が勃発する。

太刀洗はジャーナリストとして早速取材を開始したが、彼女の前にはひとつの死体が転がり……。

編集部の見どころ解説

あおい司書
全く知らない土地なのに場面を想像出来るほどの情景描写でした。ラストの切なさは忘れられません。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

10.追想五断章

追想五断章

あらすじ

大学を休学し伯父の古書店に居候する菅生芳光は、ある女性から死んだ父親が書いた五つの「結末のない物語(リドルストーリー)」を探して欲しい、と依頼を受ける。

調査を進めるうちに、故人が20年以上前の未解決事件「アントワープの銃声」の容疑者だったことがわかり――。

編集部の見どころ解説

あおい司書
二つのストーリーに当てはまるラスト、そして5つのリドルストーリーが事件の真相を伝えている、という構造が非常に面白いです。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

11.あなたも名探偵

あなたも名探偵

あらすじ

謎を愛し論理を貴ぶ読者の方々は、問題編の文章を読んで真相に辿り着いたでしょうか。

事件を解決に導くために必要な手掛かりは、紙上の名探偵たち同様、皆様にも既に手渡されています。

推理する愉しさに、どうぞ存分に浸ってください。

編集部の見どころ解説

あおい司書
様々な事件の犯人当てを楽しめて、初見の作家さんがサクッと読める美味しいアンソロジー。ロジックもしっかりしていて読後感も良かったです。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

12.犬はどこだ

犬はどこだ

あらすじ

何か自営業を始めようと決めたとき、最初に思い浮かべたのはお好み焼き屋だった。

しかしお好み焼き屋は支障があって叶わなかったのでそこで探偵事務所を開いた。

この事務所〈紺屋S&R〉が想定している業務内容は、ただ一種類、犬捜しをするのだ。

編集部の見どころ解説

あおい司書
真相も非常に明快であり、ミステリーとしても小説としてもとっても面白いです。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

13.夏期限定トロピカルパフェ事件

夏期限定トロピカルパフェ事件

あらすじ

小市民たるもの、平穏な生活態度を獲得せんと希求し、それを妨げる事々に対しては回避の立場を取るべし。

さかしらに探偵役を務めるなどもってのほか。

諦念と儀礼的無関心を心の中で育んで、そしていつか掴むんだ、あの小市民の星を!

編集部の見どころ解説

あおい司書
謎解きはそこまで難しくなく、騙される!というよりは主人公と同速で推理できる感じです。とにかく初めから最後まで面白いです。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

14.さよなら妖精

さよなら妖精

あらすじ

雨宿りをする一人の少女との偶然の出会いが、謎に満ちた日々への扉を開けた。

遠い国からはるばるおれたちの街にやって来た少女、マーヤ。

そして彼女が帰国したとき、おれたちの最大の謎解きが始まる。

編集部の見どころ解説

あおい司書
前半は異国から来た少女マーヤとの日々を振り返っているが、終盤での推理には読む手を止められないほど引き込まれました。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

15.秋期限定栗きんとん事件

秋期限定栗きんとん事件

あらすじ

あの日の放課後、手紙で呼び出されて以降、ぼくの幸せな高校生活は始まった。

ぼくに「小さな誤解でやきもち焼いて口げんか」みたいな日が来るとは、まるで思っていなかったのだ。

――それなのに、小鳩君は機会があれば彼女そっちのけで謎解きを繰り広げてしまい……

編集部の見どころ解説

あおい司書
小鳩君みたいに他人に無関心でいられたら、すごく生きてくのって楽そうだなと思いました。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

16.春期限定いちごタルト事件

春期限定いちごタルト事件

あらすじ

小鳩くんと小佐内さんは、恋愛関係にも依存関係にもないが互恵関係にある高校1年生。

きょうも2人は手に手を取って清く慎ましい小市民を目指す。

それなのに2人の前には頻繁に奇妙な謎が現れる。

編集部の見どころ解説

あおい司書
米澤さんの本らしい、日常を舞台にした推理もの。最後はちょっと緊迫して面白かったです。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

17.真実の10メートル手前

真実の10メートル手前

あらすじ

高校生の心中事件は二人が死んだ場所の名をとって、それは恋累心中と呼ばれた。

都留は、フリージャーナリストの太刀洗と合流して取材を開始するが事件の有り様に違和感を覚え始める。

太刀洗はなにを考えているのか?

編集部の見どころ解説

あおい司書
ミステリとしての技巧だけでは終わらない。事件の真相を追う探偵の、矜持や正義心も同時に描かれ、そして考えさせられる作品です。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

18.巴里マカロンの謎

巴里マカロンの謎

あらすじ

その店のティー&マカロンセットで注文できるマカロンは三種類。

しかし小佐内さんの皿には、あるはずのない四つめのマカロンが乗っていた。

誰がなぜ四つめのマカロンを置いたのか。

編集部の見どころ解説

あおい司書
日常の謎とはいえキチンとロジカルに組み立てられており面白い。前半に伏線があり回収されていくのが気持ち良く、読んでいて楽しいです。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

19.街角で謎が待っている がまくら市事件

街角で謎が待っている がまくら市事件

あらすじ

ここ蝦蟇倉(がまくら)市では、不可能犯罪がよく起こる。

親友の犯罪を隠すために死体を処理し、レストランでは男女がワイングラスを傾けつつ友人の死を推理する。

この街で起こる事件には、いつも出会いと別れが待っている。

編集部の見どころ解説

あおい司書
いろいろなタイプのミステリーがあって楽しいです。真相は二の次な話もあるし、がっつり謎解きな話もあります。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

20.リカーシブル

リカーシブル

あらすじ

父の失踪により母親の故郷に越してきた越野ハルカは、弟とともに過疎化が進む地方都市での生活を始める。

だが、町では高速道路の誘致運動を巡る暗闘と未来視にまつわる伝承が入り組み、不穏な空気が。

そんな中、弟サトルの言動をなぞるかのような事件が相次ぎ……。

編集部の見どころ解説

あおい司書
後半の怒涛の伏線の回収と、如何にも裏がありそうな不安定な世界観にページを捲る手が止まらなかったです。タイトルのセンスもすごい。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

米澤穂信おすすめ小説ランキング【まとめ】

おすすめの米澤穂信小説を半額で読める+Tポイントが貯まる、使えるのは、ブックライブならではの特徴!

米澤穂信小説を購入しなくても、気になる漫画を数ページ試し読みできます。

50%OFFクーポン(半額)を利用して、米澤穂信小説をお楽しみください。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

そのほか作者別のおすすめ小説の選び方

今回はおすすめの米澤穂信小説を本音レビューしました。

当サイトでは以下の条件でも分かりやすくまとめているので、ぜひご覧ください。

本ページの情報は記事更新日時点のものです。最新の配信状況はブックライブ公式HPにてご確認ください。

-人気作家の小説おすすめランキング

© 2021 電子書籍ストアの図書館|2021年電子書籍サービスおすすめ比較【31社ランキング】