【2021年】司馬遼太郎おすすめ小説ランキング20選|初心者必読(中学生・高校生)で読みやすい隠れた名作

8月 9, 2021

司馬遼太郎おすすめ

司馬遼太郎の小説を読むために、実際に私が電子書籍で読み漁ったおすすめ小説をご紹介。

期待して購入したのに「面白くなかった、読んだ時間損したかも」と感じないための人気作品を本音レビュー。

2021年おすすめの司馬遼太郎作品のあらすじ・見どころを掲載してるので、ぜひ参考にしてください。

29社の電子書籍ストアを使って漫画を読んだ経験から、オリジナルランキングを作成しました。

漫画のあらすじ+編集部の見どころをレビューしていきます。

1.竜馬がゆく

竜馬がゆく

あらすじ

土佐の郷士の次男坊に生まれながら、ついには維新回天の立役者となった坂本竜馬の奇蹟の生涯を、激動期に生きた多数の青春群像とともに壮大なスケールで描きあげる。

司馬遼太郎の永遠のベストセラーが半世紀の時を経て、電子版で新たによみがえる!

編集部の見どころ解説

あおい司書
もっと読みにくくて難しい本かと思っていましたが、全く違います。時代を感じさせない読みやすさとストーリーでどんどん次が読みたくなります。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

2.坂の上の雲

坂の上の雲

あらすじ

維新で賊軍とされた伊予・松山に、三人の若者がいた。

三人はやがて、固陋なる故郷を離れ、学問・天下を目指して東京に向かう。

しかし、誰が彼らの将来を予見できただろうか。

編集部の見どころ解説

あおい司書
当時の時代の若者の考えかたが、明治維新の新時代だからこそ今とは全く違う。大作だが、読み直したいと思える作品です。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

3.翔ぶが如く

翔ぶが如く

あらすじ

西郷隆盛と大久保利通はともに薩摩藩の下級藩士の家の生まれ。

幼い時分から机を並べ、水魚の交わりを結んだ二人は、長じて明治維新の立役者となった。

この二人の傑人を中心軸に、幕末維新から西南戦争までの激動を不世出の作家が全十巻で縦横に活写する。

編集部の見どころ解説

あおい司書
学生時代に結構読んだ司馬遼太郎、今読むとまた含蓄が違う。時代が令和になっても面白いです。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

4.街道をゆく

街道をゆく

あらすじ

旅はここからはじまった!

湖西のみち、大和・竹内街道、甲州街道、葛城みち、そして長州路……

司馬史観が自在に展開するシリーズ第1弾。

編集部の見どころ解説

あおい司書
その土地の歴史・建物・人物などを、古代に遡り記述することでその場所を立体的に浮かび上がらせる。司馬遼太郎が楽しみながら書いているのがよく分かります。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

5.国盗り物語

国盗り物語

あらすじ

世は戦国の初頭。

松波庄九郎は妙覚寺で「知恵第一の法蓮房」と呼ばれたが、発心して還俗した。

京の油商奈良屋の莫大な身代を乗っ取り、精力的かつ緻密な踏査で美濃ノ国を〈国盗り〉の拠点と定めた。

編集部の見どころ解説

あおい司書
司馬遼太郎の戦国物は、史実を細かく追わずに、ストーリー中心にグイグイ引っ張っていくところが魅力的です。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

6.項羽と劉邦

項羽と劉邦

あらすじ

紀元前3世紀末、秦の始皇帝は中国史上初の統一帝国を創出し戦国時代に終止符をうった。

しかし彼の死後、秦の統制力は弱まり、陳勝・呉広の一揆がおこると、天下は再び大乱の時代に入る。

――これは、天下を制する“人望”とは何かをきわめつくした物語である。

編集部の見どころ解説

あおい司書
人間とは、政治や宗教で生きているのではなく、食を繋げるために生きていること、歴史上の大動乱は飢餓が産み出していることに納得しました。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

7.関ヶ原

関ヶ原

あらすじ

日本国内における古今最大の戦闘となったこの天下分け目の決戦の起因から終結までを克明に描いた壮大な歴史絵巻。

秀吉の死で傾きはじめた豊臣政権を簒奪するために家康はどう謀略をめぐらし、石田三成はいかに戦ったのか?

編集部の見どころ解説

あおい司書
如何にして家康が石田三成を討つか。そこに至るまでの、プロローグのような位置付け。四十年以上前の作品とは思えないくらい、読みやすい作品。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

8.菜の花の沖

菜の花の沖

あらすじ

高田屋嘉兵衛は、悲惨な境遇から海の男として身を起し、北辺の蝦夷・千島の海で活躍する偉大な商人になる。

沸騰する商品経済を内包しつつも頑なに国をとざし続ける日本と、南下する大国ロシアとのはざまで数奇な運命を生き抜いた快男児の生涯を雄大な構想で描く。

編集部の見どころ解説

あおい司書
現代にも通じる日本の文化的風景を感じてしまうところが更に切ない。
小説なのか歴史解説書なのか分からない。とても勉強になる小説です。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

9.花神

花神

あらすじ

周防の村医から討幕軍の総司令官となった村田蔵六(のちの大村益次郎)。

維新の渦中で非業の死をとげたわが国近代兵制の創始者大村益次郎の波瀾の生涯を描く長編。

編集部の見どころ解説

あおい司書
技術者であり続け、目立ちたがることなく、ひたむきに技術を極めようとした村田蔵六に日本人の美学を感じました。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

10.世に棲む日日

世に棲む日日

あらすじ

嘉永六(1853)年、ペリー率いる黒船が浦賀沖に姿を現して以来、国内には激しい政治闘争の嵐が吹き荒れていた。

倒幕への主動力となった長州藩には、その思想的原点に立つ松下村塾主宰・吉田松陰と、後継者高杉晋作がいた――。

維新前夜の青春群像を活写した怒濤の歴史長編、ここに開幕。

編集部の見どころ解説

あおい司書
吉田松陰のまっすぐさに共感。ここまで自分の意志を貫ける人物は、幕末だからこそ生まれたのだろうと思いました。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

11.功名が辻

功名が辻

あらすじ

天下にむかって起ち上った織田信長の家中に、ぼろぼろ伊右衛門とよばれる、うだつの上らない武士がいた。

その彼に、賢くて美しい嫁がくるという……

伊右衛門は妻千代の励ましを受けて、功名をめざして駈けてゆく。

編集部の見どころ解説

あおい司書
どの戦国武将に仕えるかが武士の一生を左右すると言っても過言ではない世の中で、武士の立ち回りを現代の会社選びになぞらえて表現している部分が面白かったです。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

12.播磨灘物語

播磨灘物語

あらすじ

牢人の子に生まれながらも、22歳にして播州・小寺藩の一番家老になった黒田官兵衛。

だが、「この程度の小天地であくせくして自分は生涯をおわるのか」という倦怠があった。

欲のうすい官兵衛だが、「広い世界へ出て、才略ひとつで天下いじりがしてみたい」という気持ちは強かった。

編集部の見どころ解説

あおい司書
官兵衛の生き方になにか美しいものを見せてもらったような静かな感動がありました。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

13.新選組血風録

新選組血風録

あらすじ

近藤勇、土方歳三、沖田総司、斎藤一から妖しい前髪の美剣士や薩摩の間者……。

混沌たる状況を切り、斃れていった隊士一人一人の哀歓を冴え冴えと浮彫りにする名作。

編集部の見どころ解説

あおい司書
新撰組のこぼれ話というか、短編集。大変血なまぐさい話が多いのですが、総司の恋話にほっこりしたり。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

14.峠

峠

あらすじ

幕末、雪深い越後長岡藩から一人の藩士が江戸に出府した。

藩の持て余し者の河井継之助は歴史や世界の動きなど、ものごとの原理を知ろうと努めるのであった。

さらに、備中松山の藩財政を立て直した山田方谷のもとへ留学するため旅に出る。

編集部の見どころ解説

あおい司書
生きていく上で参考にしたい行動指針が詰まっていると感じました。真似できるかどうかは分からないが、こうありたいと思えます。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

15.幕末

幕末

あらすじ

「歴史はときに、血を欲した。このましくないが、暗殺者も、その兇手に斃れた死骸も、ともにわれわれの歴史的遺産である。そういう眼で、幕末におこった暗殺事件を見なおしてみた」

大老・井伊直弼襲撃から始まった幕末狂瀾の時代を、清河八郎、吉田東洋など十二の暗殺事件で描く連作小説。

編集部の見どころ解説

あおい司書
結局、亡くなった彼らと今知られている幕末の英雄たちとの違いは運良く生き残ったかどうかだけだなと思いました。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

16.人斬り以蔵

人斬り以蔵

あらすじ

自己流の暗殺剣法で盲目的な殺し屋として幕末の世を震えあがらせた岡田以蔵の数奇な生涯を追跡する表題作。

日本陸軍建軍の祖といわれる大村益次郎の半生を綴った『鬼謀の人』ほか、『割って、城を』など。

時代の変革期に生きた人間の内面を鋭く抉り、人間理解の冴えを見せる好短編、全8編。

編集部の見どころ解説

あおい司書
司馬遼太郎さんの表現の仕方が独特でついていくのにかなり時間がかかりましたが、理解してみると面白い本です。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

7.街道をゆく

街道をゆく

あらすじ

旅はここからはじまった!

湖西のみち、大和・竹内街道、甲州街道、葛城みち、そして長州路……

司馬史観が自在に展開するシリーズ第1弾。

編集部の見どころ解説

あおい司書
博覧強記の司馬遼太郎なので、その土地の歴史・建物・人物などを、時に古代に遡り記述することにより、その場所を立体的に浮かび上がらせます。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

18.軍師二人

軍師二人

あらすじ

天稟(てんぴん)の智将・真田幸村と、千軍万馬の勇将・後藤又兵衛。

名将なるが故の葛藤と互いの深い洞察を語る〈軍師二人〉。

他、争乱の時代を生きた、戦にも女にも強い男たちを描く、興趣尽きない短編集。

編集部の見どころ解説

あおい司書
信長や秀吉だけではない、無名の人物の生き様を通して、戦国時代を別の角度から楽しむことができる一冊です。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

19.馬上少年過ぐ

馬上少年過ぐ

あらすじ

戦国の争乱期に遅れて僻遠の地に生まれたが故に、奥羽の梟雄としての位置にとどまらざるをえなかった伊達政宗の生涯を描いた『馬上少年過ぐ』。

ほかに『英雄児』『喧嘩草雲』『重庵の転々』など全7編を収録する。

編集部の見どころ解説

あおい司書
室町時代から江戸時代まで、必ずしも一番活躍したわけではない歴史の脇役に焦点があたっていて興味深いです。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

20.真説宮本武蔵

真説宮本武蔵

あらすじ

史上最強の剣豪といわれる宮本武蔵。彼の才能の中で、最も卓越したのは「見切り」という計算力だった。

試合の相手を選ぶとき、必ず己よりも弱いと見切ってからでなければ、立ち合わなかった……。

武蔵の実像に迫る表題作ほか、さまざまな生き方をした、有名無名五人の剣客を描く短編集。

編集部の見どころ解説

あおい司書
武士というのはその道を極めることと、それで身を立てることが使命だったのだと思いました。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

司馬遼太郎おすすめ小説ランキング【まとめ】

おすすめの司馬遼太郎小説を半額で読める+Tポイントが貯まる、使えるのは、ブックライブならではの特徴!

司馬遼太郎小説を購入しなくても、気になる漫画を数ページ試し読みできます。

50%OFFクーポン(半額)を利用して、司馬遼太郎小説をお楽しみください。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

そのほか作者別のおすすめ小説の選び方

今回はおすすめの司馬遼太郎小説を本音レビューしました。

当サイトでは以下の条件でも分かりやすくまとめているので、ぜひご覧ください。

本ページの情報は記事更新日時点のものです。最新の配信状況はブックライブ公式HPにてご確認ください。

-人気作家の小説おすすめランキング

© 2021 電子書籍ストアの図書館|2021年電子書籍サービスおすすめ比較【31社ランキング】