【2021年】大沢在昌おすすめ小説ランキング20選|狩人シリーズ・新宿鮫で人気新作

7月 24, 2021

大沢在昌おすすめ

大沢在昌の小説を読むために、実際に私が電子書籍で読み漁ったおすすめ小説をご紹介。

期待して購入したのに「面白くなかった、読んだ時間損したかも」と感じないための人気作品を本音レビュー。

2021年おすすめの大沢在昌作品のあらすじ・見どころを掲載してるので、ぜひ参考にしてください。

29社の電子書籍ストアを使って漫画を読んだ経験から、オリジナルランキングを作成しました。

漫画のあらすじ+編集部の見どころをレビューしていきます。

1.新宿鮫

新宿鮫

あらすじ

「新宿鮫」と怖れられる新宿署刑事・鮫島。

歌舞伎町を中心に、警官が連続して射殺された。

犯人逮捕に躍起になる署員たちをよそに、鮫島は銃密造の天才・木津を執拗に追う。

編集部の見どころ解説

あおい司書
がっつりした刑事ものを読んだ気がしました。新宿の地図が頭の中にもあると、さらに楽しいです。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

2.北の狩人

北の狩人

あらすじ

新宿に現れた謎の男は、すでに消滅した暴力団のことを尋ね回り、暴力沙汰を起こすも、いつも無傷でいた。

新宿の闇社会を知り尽くす新宿署刑事・佐江は彼をマークする。

男の正体と目的が判明したとき、誰もが引き返せない命のやりとりに巻き込まれていた――!

編集部の見どころ解説

あおい司書
この作品には愛も正義も友情も野望も、男の格好良さの全てが詰まっているます。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

3.冬の狩人

冬の狩人

あらすじ

H県警捜査一課に一通のメールが届いた。

凄腕だが刑事を辞める決意だった佐江は、H県警の若手刑事・川村と未解決事件や阿部の動きを捜査する。

佐江は阿部と待ち合わせるが、そこに殺し屋が──

編集部の見どころ解説

あおい司書
内容もボリュームたっぷりディティールもリアリティたっぷりなので、大沢エンターテイメントの爽快感を存分に味わえます。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

4.暗約領域 新宿鮫XI

暗約領域 新宿鮫XI

あらすじ

捜査に没入していた新宿署生活安全課の刑事・鮫島は、北新宿のヤミ民泊で男の銃殺死体を発見した。

新上司・阿坂景子は鮫島に、新人刑事・矢崎と組むことを命じる。

一方、国際的犯罪者・陸永昌は、友人の死を知って来日する。

編集部の見どころ解説

あおい司書
一気に読んでしまいました。鮫島側と犯人側の両方の視点で描かれるのが面白かったです。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

5.魔物

魔物

あらすじ

北海道の麻薬取締官・大塚に、ロシアマフィアと地元やくざとの麻薬取引の情報が入る。

現場を押さえるため万全の態勢で臨んだ大塚だが、麻薬の運び屋であるロシア人を取り逃がしてしまう。

ロシア人は、銃撃による重傷を負いながらも、警官数名を素手で殺害し、町へ消えてしまったのだ。

編集部の見どころ解説

あおい司書
ホラー系のテーマを、ブレずに徹底的に自分のやり方で処理してるところが非常に面白いです。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

6.アルバイト・アイ 命で払え

アルバイト・アイ 命で払え

あらすじ

冴木隆は適度な不良高校生。

父親の涼介はずぼらで女好きの私立探偵で凄腕らしい。

そんな父に頼まれて隆はアルバイト探偵として様々な誘拐事件に挑む!

編集部の見どころ解説

あおい司書
暴力的な場面もあるわりに、さらっと読めてしまうのは、探偵親子のあっけらかんとしたキャラのせいでしょうか銃撃戦や、格闘シーンがかっこいいです。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

7.影絵の騎士

影絵の騎士

あらすじ

映画産業が隆盛を誇る一方で、「ネットワーク」と呼ばれるテレビ産業が人々を支配する新東京。

報道を牛耳るネットワークで、視聴率のために殺人予告が横行する。

引退した私立探偵のヨヨギ・ケンはかつての友人の依頼を受け、新東京に舞いもどる。

編集部の見どころ解説

あおい司書
どこをとっても綺麗に切り取られていて映画のワンシーンのような格好良さがあります。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

8.生贄のマチ 特殊捜査班カルテット

生贄のマチ 特殊捜査班カルテット

あらすじ

家族を何者かに惨殺された過去を持つタケルは、クチナワと名乗る車椅子の刑事に、極秘の捜査チームへ誘われる。

タケルは、“本社”と呼ばれる組織が麻薬売買目的で企画する音楽イベントへの潜入を命じられた。

孤独な潜入捜査班の葛藤と成長を描く、エンタテインメント巨編!

編集部の見どころ解説

あおい司書
テンポよく読めて面白かったです。物語の設定も突拍子もないけど、続きか気になって読み進めました。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

9.ザ・ジョーカー

ザ・ジョーカー

あらすじ

あらゆるトラブルを請け負う男、ジョーカー。

着手金は100万円、唯一の連絡場所は六本木のバー。

噂を聞いた男と女が今宵も厄介事を持ち込んでくる。

編集部の見どころ解説

あおい司書
どこまでもハードボイルドな雰囲気が心地良いです。短編もまんべんなく綺麗に終わっているし文章も簡潔なので、読みやすいと思いました。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

10.悪夢狩り

悪夢狩り

あらすじ

機関銃の咆哮がダンスフロアを一瞬で血の海に変えた。

米国が極秘に開発した新薬、『ナイトメア90』の奪回を企てる工作員による襲撃だった。

その薬は、人間の戦闘能力を極限まで高めるが、使用した者を人ならざる姿に変えてしまうという。

編集部の見どころ解説

あおい司書
ただ単なるミステリ作家とは違って、色んな引き出しを持ってるなと感心しました。一気に読んでしまいます。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

11.シャドウゲーム

シャドウゲーム

あらすじ

シンガーソングライター堀河優美の恋人だった国夫は、大型トレーラーに衝突されて亡くなった。

事故現場には「シャドウゲーム」と題する楽譜が残されていた。

なぜ、楽器なんてひとつも弾けないはずの国夫が楽譜を?

編集部の見どころ解説

あおい司書
名古屋弁が満載です。楽譜の持つ意味をとても考えさせられました。どんどん読めます。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

12.やぶへび

やぶへび

あらすじ

「金なし、女なし」で迎えた40歳の年末だが、元刑事・甲賀悟郎にとっては悪いことでもない。

運命の分かれ道には、かならず最悪の選択をしてきたからだ。

そこに「奥さんを保護しました」という警察からの電話。

編集部の見どころ解説

あおい司書
最後の一気に牽制逆転する状況はすごいですが、またこれも別方向に転がったり。一気読みです。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

13.走らなあかん、夜明けまで

走らなあかん、夜明けまで

あらすじ

生まれて初めての大阪出張。

サラリーマン坂田勇吉は、企業秘密の詰まったアタッシェケースを、手違いでやくざに取られた。

取り戻すには、敵対するセンバ会から取引代金の五千万円を奪わなければならない!

編集部の見どころ解説

あおい司書
サラリーマンがヤクザを相手に体を張って闘っているという考えられないような話。一晩のできごとだがそんなことを感じさせません。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

14.秋に墓標を

秋に墓標を

あらすじ

都会のしがらみから離れ、海辺の別荘地で愛犬と静かに暮らす松原龍。

浜辺で出会った内村杏奈は、アメリカの日系企業の会長・秋月のもとから逃げてきたという。

杏奈に対し、恋愛感情がわき上がるのを覚えた龍は、彼女をかくまうことに決めるのだが……。

編集部の見どころ解説

あおい司書
リアリティとハードボイルド的なカッコのつけ方が高い水準でまとまっていて、かなり良いです。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

15.アルバイト・アイ 王女を守れ

アルバイト・アイ 王女を守れ

あらすじ

冴木涼介、隆の親子が今回受けたのは、東南アジアの島国ライールの17歳の王女の護衛。

王位を巡り命を狙われる王女を守るべく二人はある作戦を立てるが、王女をさらわれてしまい…

隆は王女を救えるのか?

編集部の見どころ解説

あおい司書
ほぼ素人の高校生が、映画のヒーロー並みの活躍でした。そこが面白くて読み進めました。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

16.一年分、冷えている

一年分、冷えている

あらすじ

それぞれの酒、それぞれの時間、そしてそれぞれの人生。

街で、旅先で聞こえてくる大人の囁きをリリカルに綴ったとっておきの掌編小説集。

編集部の見どころ解説

あおい司書
ストレートな表現が少ない大沢在昌が短編という枠組みの中で、どのように作品を組み立てているかを見るだけでも面白いかと思います。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

17.ウォームハート コールドボディ

ウォームハート コールドボディ

あらすじ

ひき逃げに遭って病院に運ばれたオークラ製薬の長生太郎は、強烈な違和感に目を覚ます。

自社で全身の血液を薬品に置き換えられ、痛みを感じない「生きている死体」として蘇ったのだ。

新薬を開発した大学教授の失踪に危険を察したオークラ製薬は、太郎を東京に逃がす。

編集部の見どころ解説

あおい司書
読後はかなりな爽快感。まさかのハードボイルドで感動するとは思いませんでした。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

18.撃つ薔薇 ~AD2023涼子~

撃つ薔薇 ~AD2023涼子~

あらすじ

西暦2023年東京、犯罪組織は多国籍化し、凶悪を極めていた。

櫟涼子は、新種の麻薬を流通させる謎の組織の潜入捜査を開始した。

積み荷の麻薬を狙うトラックジャックと内通するスパイを炙り出す。

編集部の見どころ解説

あおい司書
謎解きなストーリーなので、ページをめくる手が止まりません。一気に読んでしまいます。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

19.Kの日々

Kの日々

あらすじ

「K」の調査を依頼された「裏」の世界の探偵、木。

依頼の内容は、Kが隠し持っているというお宝を見つけ出してほしいというものだった。

それは三年前に発生し、闇に葬られた丸山組組長誘拐事件。

編集部の見どころ解説

あおい司書
ハードボイルドに誘拐事件の犯人探しという推理小説的な要素を持たせた作品でとても面白かったです。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

20.涙はふくな、凍るまで

涙はふくな、凍るまで

あらすじ

出張で北海道を訪れた坂田は小樽港で屈強な男たちがロシア美女を追い掛け回す場面に遭遇。

手ひどく殴られ停泊していた船に閉じこめられてしまう。

救い出してくれたクラープと名乗るロシア人は、命を助けた礼に稚内まで届け物をしろと言い……。

編集部の見どころ解説

あおい司書
主人公も成長していて、ちょっと個性が強くなってて楽しくなりました。主人公が物語の脇役ポジションなのがなかなか楽しいです。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

大沢在昌おすすめ小説ランキング【まとめ】

おすすめの大沢在昌小説を半額で読める+Tポイントが貯まる、使えるのは、ブックライブならではの特徴!

大沢在昌小説を購入しなくても、気になる漫画を数ページ試し読みできます。

50%OFFクーポン(半額)を利用して、大沢在昌小説をお楽しみください。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

そのほか作者別のおすすめ小説の選び方

今回はおすすめの大沢在昌小説を本音レビューしました。

当サイトでは以下の条件でも分かりやすくまとめているので、ぜひご覧ください。

本ページの情報は記事更新日時点のものです。最新の配信状況はブックライブ公式HPにてご確認ください。

-人気作家の小説おすすめランキング

© 2021 電子書籍ストアの図書館|2021年電子書籍サービスおすすめ比較【31社ランキング】