【2021年】貫井徳郎おすすめ小説ランキング20選|特徴あるイヤミスで人気新作

8月 10, 2021

貫井徳郎おすすめ

貫井徳郎の小説を読むために、実際に私が電子書籍で読み漁ったおすすめ小説をご紹介。

期待して購入したのに「面白くなかった、読んだ時間損したかも」と感じないための人気作品を本音レビュー。

2021年おすすめの貫井徳郎作品のあらすじ・見どころを掲載してるので、ぜひ参考にしてください。

29社の電子書籍ストアを使って漫画を読んだ経験から、オリジナルランキングを作成しました。

漫画のあらすじ+編集部の見どころをレビューしていきます。

1.慟哭

慟哭

あらすじ

痛ましい幼女誘拐事件の続発で難航する捜査。

その責めを負って冷徹な捜査一課長も窮地に立たされた。

若手キャリアの課長をめぐる警察内部の不協和音,マスコミによる私生活追及などの状況下で,新しい展開が!

編集部の見どころ解説

あおい司書
他の作品に比べて重いので、読み終わった後の余韻が好きです。貫井作品の中ではダントツにオススメです。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

2.愚行録

愚行録

あらすじ

――幸せを絵に描いたような家族に、突如として訪れた悲劇。

池袋からほんの数駅の、閑静な住宅街にあるその家に忍び込んだ何者かによって、深夜一家が惨殺された。

数多のエピソードを通して浮かび上がる、人間たちの愚行のカタログ。

編集部の見どころ解説

あおい司書
ある殺人事件を巡っての関係者たちの独白で構成されています。学歴や容姿、収入、人ってこんなに他人を妬むことができるのだと感じました。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

3.悪の芽

悪の芽

あらすじ

世間を震撼させた無差別大量殺傷事件。

事件後、犯人は自らに火をつけ、絶叫しながら死んでいった――。

元同級生が辿り着いた、衝撃の真実とは。

編集部の見どころ解説

あおい司書
ほんの気紛れで放った言葉が相手の人生を狂わせる恐ろしさ。人の想像力は狭いもので同じ立場にならないと気づかない。考えさせられました。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

4.後悔と真実の色

後悔と真実の色

あらすじ

若い女性を殺し、人差し指を切り取る「指蒐集家」が社会を震撼させていた。

捜査一課のエース西條輝司は、捜査に没頭するあまり一線を越え、窮地に立たされる。

これは罠なのか?

編集部の見どころ解説

あおい司書
主人公のカリスマ性、それを起因とする物語の進行。これはミステリーそのものより重厚な読み物として、大変面白かったです。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

5.乱反射

乱反射

あらすじ

街路樹伐採の反対運動を起こす主婦、職務怠慢なアルバイト医、救急外来の常習者、飼犬の糞を放置する定年退職者……

小市民たちのエゴイズムが交錯した果てに、悲劇は起こる。

残された新聞記者の父親が辿り着いた真相は、法では裁けない「罪」の連鎖だった!

編集部の見どころ解説

あおい司書
それぞれの人の小さなモラル違反が重大な結果を招く話。前半では関連性のなさそうな話が中盤で一気に繋がり、一気に読んでしまいました。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

6.悪党たちは千里を走る

悪党たちは千里を走る

あらすじ

しょぼい騙しを繰り返し、糊口を凌ぐ詐欺師コンビの高杉と園部。

仕事先で知り合った美人同業者と手を組み、豪邸の飼い犬を誘拐しようと企てる。

誰も傷つけず安全に大金を手に入れるはずが、計画は軌道をはずれ、思わぬ事態へと向かってしまう――。

編集部の見どころ解説

あおい司書
色々誘拐ネタはあれどこの手があったか、と感心です。慟哭、乱反射などの貫井さんのイメージとは全く違うが楽しめるユーモアミステリ。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

7.崩れる 結婚にまつわる八つの風景

崩れる 結婚にまつわる八つの風景

あらすじ

家族崩壊、ストーカー、DV、公園デビューなど。

現代の社会問題を「結婚」というテーマで描き出す、狂気と企みに満ちた8つの傑作ミステリ短編集。

編集部の見どころ解説

あおい司書
人間の怖さが垣間見えたり、ドキドキする短編でとても楽しく読ませていただきました。因果応報的な話が多く、嫌な感じの怖さではなくすんなり読めます。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

8.我が心の底の光

我が心の底の光

あらすじ

母は死に、父は人殺し、そんな峰岸晄は暗い少年時代を送っていた。

孤独の闇の中で、晄が向かう先は――。

八〇年代のこの国に生を享けながら、感情を殺して生きる晄の、心の底に差す光は何なのか?

編集部の見どころ解説

あおい司書
最後までダークな展開が続きますが、スピード感があってサクサク読み進めることが出来ました。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

9.微笑む人

微笑む人

あらすじ

エリート銀行員の仁藤俊実が、「本が増えて家が手狭になった」という理由で妻子を殺害。

小説家の「私」は事件をノンフィクションにまとめるべく、周辺の人々への取材を始めた。

「いい人」と評される仁藤だがその周辺で、不審な死を遂げている人物が他にもいることが判明し……。

編集部の見どころ解説

あおい司書
スッキリする終わりではないが、理解できる理由がすべてではないということ。理解できないけど存在することが世の中にはあるんだなと思いました。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

10.明日の空

明日の空

あらすじ

ある日、栄美は気になる男の子と遊びに行く約束をしたのだが、なぜか二人は必ずすれ違ってしまい……。

時は流れ、栄美は大学生となった。

ある人との出会いをきっかけに、高校時代の大切な思い出と痛みの記憶はまったく別の形を見せてゆく――。

編集部の見どころ解説

あおい司書
青春恋愛小説かと思いきや、ちょっとしたミステリー要素も含まれていて面白かった。読者の先入観をうまく利用したトリックでした

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

11.女が死んでいる

女が死んでいる

あらすじ

二日酔いで目覚めた朝、ベッドの横の床に見覚えのない女の死体があった。

俺が殺すわけがない、知らない女だ。

では誰が殺したのか――?

編集部の見どころ解説

あおい司書
結末に驚かされる話が多く面白かったです。暗めの話が多いなか,最後の話は雰囲気が異なり前向きな終わり方なのが良いと思いました。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

12.壁の男

壁の男

あらすじ

彼はなぜ絵を描き続けたのか?

〈最後の一撃〉が読者の心を撃ち抜く感動の傑作長編。

編集部の見どころ解説

あおい司書
緻密な構成と周到に配置されている伏線の張り方に圧倒され、小説家の頭の中を覗き込めるものなら覗きたいと思わされた一冊です。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

13.神のふたつの貌

神のふたつの貌

あらすじ

牧師の息子に生まれ、一途に神の存在を求める少年・早乙女。

彼が歩む神へと到る道は、同時におのれの手を血に染める殺人者への道だった。

三幕の殺人劇の結末で明かされる驚愕の真相とは?

編集部の見どころ解説

あおい司書
通常なら唾棄すべき身勝手でクズのような考え方をする主人公だが、何故か共感すべき所があり、それゆえ非常に恐ろしい。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

14.鬼流殺生祭

鬼流殺生祭

あらすじ

維新の騒擾燻る帝都東京の武家屋敷で青年軍人が殺された。

被害者の友人で公家の三男坊九条惟親は事件解決を依頼されるが、容疑者、動機、殺害方法、全て不明。

調査が進むほどに謎は更なる謎を呼ぶ。

編集部の見どころ解説

あおい司書
貫井徳郎先生は本格ミステリもすばらしく面白い。やっぱ謎解きのあるミステリはたまりません。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

15.さよならの代わりに

さよならの代わりに

あらすじ

劇団「うさぎの眼」に所属する駆け出しの役者・和希の前に一人の美少女が現れた。

彼女は劇団内で起きた殺人事件の容疑者を救うため、27年の時を超えて来たというのだ!

彼女と容疑者との関係は?

編集部の見どころ解説

あおい司書
未来から来たと言う少女の言い分は真実か、虚言か?事件の犯人は、そしてその背景は?少女の小悪魔的な言動が軽快に感じられるところも良いです。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

16.宿命と真実の炎

宿命と真実の炎

あらすじ

警察に運命を狂わされた誠也とレイの二人は、彼らへの復讐を始める。

警察官の連続死に翻弄される捜査本部の高城理那は、かつて“名探偵”と呼ばれた元刑事の存在を気にしていた。

人生を懸けた復讐劇がたどりつく無慈悲な結末。

編集部の見どころ解説

あおい司書
真実を知りたいと思い読み進め、最後の最後まで目が離せない傑作でした。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

17.新月譚

新月譚

あらすじ

突然筆を折ったベストセラー作家・咲良怜花。

その理由は、一人の男との煉獄のような恋愛関係だった。

甘く残酷で痛ましい恋愛物語。

編集部の見どころ解説

あおい司書
話が純粋に面白いので引き込まれます。必死に生きる主人公に、心から共感できる作品。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

18.罪と祈り

罪と祈り

あらすじ

隅田川で発生した元警察官殺し。

その息子たちが突き止める、父親たちの秘密――

ふたりの男たちの「絆」と「葛藤」を描く、儚くも哀しい、衝撃の長編ミステリー。

編集部の見どころ解説

あおい司書
親の時代と子の時代を交互に描く事で、徐々に全てが明らかになります。意外性もあり、ラストも申し分ありません。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

19.天使の屍

天使の屍

あらすじ

思慮深かった中学二年の息子・優馬がマンンションから飛び降り、自殺を遂げた。

動機を見出せなかった父親の青木は、真相を追うべく、同級生たちに話を聞き始めるが……。

「14歳」という年代特有の不可解な少年の世界と心理をあぶり出す、気鋭による力作長編ミステリー!

編集部の見どころ解説

あおい司書
物語の終わり方も、実に爽やかにまとまっています。本作品は魅力ある当たりの一冊であったように思います。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

20.被害者は誰?

被害者は誰?

あらすじ

豪邸の庭に埋められていた白骨死体は誰なのか?

犯人が黙秘を貫く中、警察は押収した手記をもとに、被害者の特定を試みるが……。

警視庁の桂島刑事から相談される、迷宮入り寸前の難事件の数々。

編集部の見どころ解説

あおい司書
良質な短編推理モノで各短編ともに趣向が凝らされてて楽しめた。どの短編も軽く読めました。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

貫井徳郎おすすめ小説ランキング【まとめ】

おすすめの貫井徳郎小説を半額で読める+Tポイントが貯まる、使えるのは、ブックライブならではの特徴!

貫井徳郎小説を購入しなくても、気になる漫画を数ページ試し読みできます。

50%OFFクーポン(半額)を利用して、貫井徳郎小説をお楽しみください。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

そのほか作者別のおすすめ小説の選び方

今回はおすすめの貫井徳郎小説を本音レビューしました。

当サイトでは以下の条件でも分かりやすくまとめているので、ぜひご覧ください。

本ページの情報は記事更新日時点のものです。最新の配信状況はブックライブ公式HPにてご確認ください。

-人気作家の小説おすすめランキング

© 2021 電子書籍ストアの図書館|2021年電子書籍サービスおすすめ比較【31社ランキング】