【2021年】ミステリー小説おすすめランキング50選|最近から歴代人気の推理小説

8月 19, 2021

ミステリー小説おすすめ

ミステリー小説を読むために、実際に私が電子書籍で読み漁ったおすすめ小説をご紹介。

期待して購入したのに「面白くなかった、読んだ時間損したかも」と感じないための人気作品を本音レビュー。

2021年おすすめのミステリー小説のあらすじ・見どころを掲載してるので、ぜひ参考にしてください。

29社の電子書籍ストアを使って小説を読んだ経験から、オリジナルランキングを作成しました。

小説のあらすじ+編集部の見どころをレビューしていきます。

1.すべてがFになる

すべてがFになる THE PERFECT INSIDER

あらすじ

孤島のハイテク研究所で、少女時代から完全に隔離された生活を送る天才工学博士・真賀田四季。

彼女の部屋からウエディング・ドレスをまとい両手両足を切断された死体が現れた。

島を訪れていたN大助教授・犀川創平と女子学生・西之園萌絵が、この不可思議な密室殺人に挑む。

編集部の見どころ解説

あおい司書
ミステリーなんだけど、科学とはどんなものか教えてくれる言葉、考えさせられる言葉、新たな視点を与えてくれる言葉がたくさんあります。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

2.十角館の殺人

十角館の殺人

あらすじ

十角形の奇妙な館が建つ孤島・角島を大学ミステリ研の7人が訪れた。

館を建てた建築家・中村青司は、半年前に炎上した青屋敷で焼死したという。

やがて学生たちを襲う連続殺人。

編集部の見どころ解説

あおい司書
本格ミステリの王道と呼ばれるものじゃないでしょうか。もし未読の方がいれば自信を持ってオススメします。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

3.殺戮にいたる病

殺戮にいたる病

あらすじ

永遠の愛をつかみたいと男は願った―。

東京の繁華街で次々と猟奇的殺人を重ねるサイコ・キラーが出現した。

とらえようのない時代の悪夢と闇を鮮烈無比に抉る衝撃のホラー。

編集部の見どころ解説

あおい司書
色々な角度からのミステリーであり、 そして全てが明かされた後 一人の人間がずっと複雑な思いを抱え動いていた事がわかるととても切ない物語でした。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

4.密室殺人ゲーム王手飛車取り

密室殺人ゲーム王手飛車取り

あらすじ

“頭狂人”“044APD”“aXe(アクス)”“ザンギャ君”“伴道全教授”。

奇妙なニックネームの5人が、ネット上で殺人推理ゲームの出題をしあう。

ただし、ここで語られる殺人はすべて、出題者の手で実行ずみの現実に起きた殺人なのである…。

編集部の見どころ解説

あおい司書
5人のそれぞれの殺人も味があってよいです。後半物事が一気に動き出すあたりから、一気にのめり込み次が気になります。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

5.折れた竜骨

折れた竜骨

あらすじ

ロンドンから出帆し、波高き北海を三日も進んだあたりに浮かぶソロン諸島。

アミーナはある日、放浪の旅を続ける騎士ファルク・フィッツジョンと、その従士の少年ニコラに出会う。

ファルクはアミーナの父ローレントに、魔術の使い手である暗殺騎士に命を狙われている、と告げた……。

編集部の見どころ解説

あおい司書
この世界観できれいにミステリーしているのが凄い。何より無理に合わせた感じではなく、キャラクターもストーリーもすっと入って読みやすいです。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

6.ジョーカー・ゲーム

ジョーカー・ゲーム

あらすじ

”魔王”――結城中佐の発案で、陸軍内に極秘裏に設立されたスパイ養成学校”D機関”。

その異能の精鋭達が、緊迫の諜報戦を繰り広げる!

吉川英治文学新人賞、日本推理作家協会賞に輝く究極のスパイミステリ。

編集部の見どころ解説

あおい司書
痛快なスパイミステリーとして楽しめるのは勿論のこと、彼らが今後どのように他人に影響し、また影響されていくのかも、大きな見どころであると思います。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

7.ハサミ男

ハサミ男

あらすじ

美少女を殺害し、研ぎあげたハサミを首に突き立てる猟奇殺人犯「ハサミ男」。

3番目の犠牲者を決め綿密に調べ上げるが、自分の手口を真似て殺された彼女の死体を発見する羽目に陥る。

自分以外の人間に、何故彼女を殺す必要があるのか。

編集部の見どころ解説

あおい司書
落ち着いた文章で読みやすいが、登場人物に緩急があり、引き込まれた。徹夜してまで読みたくなる作品でした。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

8.Another

Another

あらすじ

夜見山北中学に転校してきた榊原恒一は、何かに怯えているようなクラスの雰囲気に違和感を覚える。

不思議な存在感を放つ美少女ミサキ・メイに惹かれ、接触を試みる恒一だが、謎はいっそう深まるばかり。

そんな中、クラス委員長の桜木が凄惨な死を遂げた!

編集部の見どころ解説

あおい司書
上手く読み手を惹きつける物語の構成で、夢中になって読んでいました。少しずつ物語の全容が見えつつある中で、このまま下巻を読みたいです。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

9.迷路館の殺人

迷路館の殺人

あらすじ

奇妙奇天烈な地下の館、迷路館。

招かれた4人の作家たちは莫大な“賞金”をかけて、この館を舞台にした推理小説の競作を始めるが、それは恐るべき連続殺人劇の開幕でもあった!

編集部の見どころ解説

あおい司書
最後の怒涛の展開に「やられた…」としか言葉を発せられませんでした。手のひらの上で転がされる快感があります。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

10.葉桜の季節に君を想うということ

葉桜の季節に君を想うということ

あらすじ

かつては探偵事務所で働き、いまは「何でもやってやろう屋」を自称して気ままな生活を送る「俺」成瀬将虎。

ある日、久高愛子の祖父の不審死と、高額で布団や健康食品を売りつける蓬莱倶楽部の調査を引き受ける。

そして同日、飛び込み自殺しようとした女・麻宮さくらを助けたことで、運命の歯車が回り始める――。

編集部の見どころ解説

あおい司書
どこで物語が集約されるのかを期待して読み進めると、正に斜め上の、想像もしていなかったところで着地されて、唸ることしかできません。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

11.儚い羊たちの祝宴

儚い羊たちの祝宴

あらすじ

夢想家のお嬢様たちが集う読書サークル「バベルの会」。

夏合宿の二日前、会員の丹山吹子の屋敷で惨劇が起こる。

翌年も翌々年も同日に吹子の近親者が殺害され、四年目にはさらに凄惨な事件が。

編集部の見どころ解説

あおい司書
驚きと尊さの衝撃。 何回読んでもやられたとニヤついてしまいます。この本は自分の中でトップレベルに面白かったです。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

12.慟哭

慟哭

あらすじ

痛ましい幼女誘拐事件の続発で難航する捜査。

その責めを負って冷徹な捜査一課長も窮地に立たされた。

若手キャリアの課長をめぐる警察内部の不協和音,マスコミによる私生活追及などの状況下で,新しい展開が!

編集部の見どころ解説

あおい司書
他の作品に比べて重いので、読み終わった後の余韻が好きです。貫井作品の中ではダントツにオススメです。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

13.屍人荘の殺人

屍人荘の殺人

あらすじ

神紅大学ミステリ愛好会会長であり『名探偵』の明智恭介とその助手、葉村譲。

二人は同じ大学に通う探偵少女、剣崎比留子とともに曰くつきの映画研究部の夏合宿に参加することに。

――たった一時間半で世界は一変した。

編集部の見どころ解説

あおい司書
先が気になって一気に読みました。ミステリー好きな人ほど面白いと感じそうです。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

14.アヒルと鴨のコインロッカー

アヒルと鴨のコインロッカー

あらすじ

大学入学のため引っ越してきたアパートで、最初に出会ったのは黒猫、次が悪魔めいた長身の青年。

初対面だというのに、彼はいきなり「一緒に本屋を襲わないか」と持ちかけてきた。

標的は――たった一冊の広辞苑。

編集部の見どころ解説

あおい司書
出だしから引き込まれるし、中盤から終盤にかけての展開もさすが伊坂幸太郎としか言えません。時系列がバラバラになって進んでいくのも面白いです。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

15.ABC殺人事件

ABC殺人事件

あらすじ

ポアロのもとに届いた予告状のとおり、Aで始まる地名の町で、Aの頭文字の老婆が殺された。

現場には不気味にABC鉄道案内が残されていた。

まもなく、第二、第三の挑戦状が届き、Bの地でBの頭文字の娘が、Cの地でCの頭文字の紳士が殺され……。

編集部の見どころ解説

あおい司書
ポワロの種明かしまでトリックや犯人に気付けないのは相変わらず。こんなに気付けないものかと感動しました。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

16.そして誰もいなくなった

そして誰もいなくなった

あらすじ

その孤島に招き寄せられたのは、たがいに面識もない、職業や年齢もさまざまな十人の男女だった。

だが、招待主の姿は島にはなく、やがて夕食の席上、彼らの過去の犯罪を暴き立てる謎の声が……

そして無気味な童謡の歌詞通りに、彼らが一人ずつ殺されてゆく!

編集部の見どころ解説

あおい司書
とても面白かったです。最後まで犯人はわからず、読む手が止まりませんでした。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

17.火車

火車

あらすじ

休職中の刑事、本間俊介は遠縁の男性に頼まれて彼の婚約者、関根彰子の行方を捜すことになった。

自らの意思で失踪、しかも徹底的に足取りを消して――

なぜ彰子はそこまでして自分の存在を消さねばならなかったのか?

編集部の見どころ解説

あおい司書
テレビや映画では味わえない、自分だけの読後感、これは読んだ人にしか味わうことが出来ないと思います。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

18.容疑者Xの献身

容疑者Xの献身

あらすじ

天才数学者だが不遇な日々を送っていた高校教師の石神は、隣人の靖子に秘かな想いを寄せていた。

彼女たちが前夫を殺害したことを知った彼は、2人を救うため完全犯罪を企てる。

だが皮肉にも、石神のかつての親友である物理学者の湯川学が、その謎に挑むことになる。

編集部の見どころ解説

あおい司書
非常に複雑に絡み合った事情が解きほぐされていく中で、献身という事が何か、する側もされる側もどちらもわかり、非常に楽しく読む事ができます。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

19.告白

告白

あらすじ

「愛美は死にました。しかし事故ではありません。このクラスの生徒に殺されたのです」

我が子を校内で亡くした中学校の女性教師によるホームルームでの告白から、この物語は始まる。

語り手が「級友」「犯人」「犯人の家族」と次々と変わり、次第に事件の全体像が浮き彫りになる。

編集部の見どころ解説

あおい司書
人は心の中では何を考えてるかわからないものだなと思いました。最後の一行の破壊力がすごかったです。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

20.メソポタミヤの殺人

メソポタミヤの殺人

あらすじ

考古学者と再婚したルイーズの元に死んだはずの先夫から脅迫状が舞い込んだ。

さらにルイーズは寝室で奇怪な人物を見たと証言する。

だが、それらは不可思議な殺人事件の序曲にすぎなかった……

編集部の見どころ解説

あおい司書
前半の不気味さから、後半ポアロが出てきてからの謎解きパート。ラストの犯人には驚いたし、その後の話もなかなか良いです。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

21.占星術殺人事件

占星術殺人事件

あらすじ

密室で殺された画家が遺した手記には、六人の処女の肉体から完璧な女=アゾートを創る計画が書かれていた。

彼の死後、六人の若い女性が行方不明となり肉体の一部を切り取られた姿で日本各地で発見される。

事件から四十数年、未だ解かれていない猟奇殺人のトリックとは!?

編集部の見どころ解説

あおい司書
最初の物語の根底となる部分の章は少し難しかったけど、そこからの事件の概要説明・解決へ向けての捜査・事件の真相解明はスラスラ読めました。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

22.向日葵の咲かない夏

向日葵の咲かない夏

あらすじ

夏休みを迎える終業式の日、先生に頼まれ欠席した級友の家を訪れた。

きい、きい、妙な音が聞こえる。

S君は首を吊って死んでいた。

編集部の見どころ解説

あおい司書
最後にまとまるファンタジーミステリー小説。読んでいてすごく面白く飽きません。世界観が独特で惹きつけられます。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

23.白夜行

白夜行

あらすじ

1973年、大阪の廃墟ビルで一人の質屋が殺された。

容疑者は次々と浮かぶが、事件は迷宮入りする。

伏線が幾重にも張り巡らされた緻密なストーリー。

編集部の見どころ解説

あおい司書
先が気になってハラハラしてワクワクするが、読み終わった時はなんとも言えない悲しい気持ちで心が痛みます。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

24.模倣犯

模倣犯

あらすじ

公園のゴミ箱から発見された女性の右腕、それは連続女性殺人事件のプロローグだった。

比類なき知能犯に挑む、第一発見者の少年と、孫娘を殺された老人。

そして被害者宅やテレビの生放送に向け、不適な挑発を続ける犯人――。

編集部の見どころ解説

あおい司書
読み始めると止まらなくなります。集中して読める時間がある時に読んだ方がよいでしょう。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

25.流星の絆

流星の絆

あらすじ

何者かに両親を惨殺された三兄妹は、流れ星に仇討ちを誓う。

14年後、世間を敵視しながら生きる彼らの前に、犯人を突き止める最初で最後の機会が訪れる。

三人で完璧に仕掛けたはずの復讐計画。

編集部の見どころ解説

あおい司書
文章だけなのに頭の中でその場に居るような感覚になります。最後の真相を知った上で読み返すと色々な場面で伏線に気づきます。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

26.少女

少女

あらすじ

親友の自殺を目撃したという転校生の告白を聞いた由紀は、人が死ぬ瞬間を見てみたいと思った。

自殺を考えたことのある敦子は、死体を見て死を悟ったら強い自分になれるのではないかと考える。

ふたりとも相手には告げずに、それぞれ老人ホームと小児科病棟へボランティアに行く――

編集部の見どころ解説

あおい司書
美しい友情や愛情とともに、人がいかに他人に対して無関心で残酷になれるのかがわかる作品です。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

27.Nのために

Nのために

あらすじ

超高層マンション「スカイローズガーデン」の一室で、そこに住む野口夫妻の変死体が発見された。

現場に居合わせたのは、20代の4人の男女。

それぞれの証言は驚くべき真実を明らかにしていく。

編集部の見どころ解説

あおい司書
Nとは何なのか考えさせられたり、所々に想像を上回るような展開が見られ、一気読み必至の作品です。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

28.贖罪

贖罪

あらすじ

15年前、静かな田舎町でひとりの女児が殺害された。

直前まで一緒に遊んでいた四人の女の子は、犯人の顔が思い出せず、事件は迷宮入りとなる。

十字架を背負わされたまま成長した四人に降りかかる、悲劇の連鎖の結末は!?

編集部の見どころ解説

あおい司書
それぞれの4人の少女のお話が怖くもあり悲しくもありました。描写が細かくて、読みながらより想像できます。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

29.カケラ

カケラ

あらすじ

あの子は、なぜ自殺したのか――?

もともと明るく運動神経もよかったというその少女は、なぜ死を選んだのか――?

「美容整形」をテーマに、外見にまつわる自意識や、人の幸せのありかを見つめる、心理ミステリ。

編集部の見どころ解説

あおい司書
最初から最後まで登場人物の独白で進んでいくミステリーは初めてで、新鮮でページを捲る手が止まりませんでした。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

30.白ゆき姫殺人事件

白ゆき姫殺人事件

あらすじ

化粧品会社の美人社員が黒こげの遺体で発見された。

ネット上では憶測が飛び交い週刊誌報道は過熱する一方、匿名という名の皮をかぶった悪意と集団心理。

噂話の矛先は一体誰に刃を向けるのか。傑作長編ミステリー。

編集部の見どころ解説

あおい司書
現代のネット社会にありそうな事で怖くなりました。誰でも持っている嫉妬をテーマにしたミステリーです。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

31.ジウI 警視庁特殊犯捜査係

ジウI 警視庁特殊犯捜査係

あらすじ

都内の住宅地で人質籠城事件が発生。

所轄署や捜査一課をはじめ、門倉美咲、伊崎基子両巡査が所属する警視庁捜査一課特殊犯捜査係も出動した。

人質解放への進展がない中、美咲は差し入れ役として、犯人と人質のもとへ向かうが……!?

編集部の見どころ解説

あおい司書
読むだけで映像が浮かんでくるくらいわかりやすく具体的な描写でした。ストーリーも当然面白いですし、終章のラストの文章に鳥肌立ちます。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

32.ノーマンズランド

ノーマンズランド

あらすじ

東京葛飾区のマンションで、女子大生が殺害された。

特捜本部入りした姫川玲子班だが、容疑者として浮上した男は、すでに別件で逮捕されていた。

情報は不自然なほどに遮断され、捜査はいきづまってしまう。

編集部の見どころ解説

あおい司書
大変個性的なキャラクターが登場し、キャラクターの人間性や行動が小説の展開を何倍にも楽しいものにしてくれました。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

33.ソウルゲイジ

ソウルケイジ

あらすじ

多摩川土手に放置された車両から、血塗れの左手首が発見された!

近くの工務店のガレージが血の海になっており、手首は工務店の主人のものと判明。

死体なき殺人事件として捜査が開始された。

編集部の見どころ解説

あおい司書
巧みなストーリー、心理描写、目にみえるような情景描写でストーリーにグイグイ引き込まれて一気読みでした。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

34.黒牢城

黒牢城

あらすじ

織田信長に叛旗を翻して有岡城に立て籠った荒木村重は、城内で起きる難事件に翻弄される。

動揺する人心を落ち着かせるため、村重は土牢の囚人の織田方の軍師・黒田官兵衛に謎を解くよう求めた。

事件の裏には何が潜むのか。

編集部の見どころ解説

あおい司書
戦国の戦のど真ん中にミステリーを投げ込んできた着想がすごいです。ミステリー小説作家の見事な歴史小説デビュー。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

35.氷菓

氷菓

あらすじ

何事にも積極的には関わろうとしない“省エネ”少年・折木奉太郎は、なりゆきで入部した古典部の仲間に依頼され、日常に潜む不思議な謎を次々と解き明かしていくことに。

さわやかで、ちょっぴりほろ苦い青春ミステリ、登場!

編集部の見どころ解説

あおい司書
登場人物の価値観や微妙な関係性などが魅力的。落ち着いたトーンで、ユーモアに満ちた青春ライトミステリーで凄く読みやすいです。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

36.Iの悲劇

Iの悲劇

あらすじ

山あいの小さな集落、簑石。

六年前に滅びたこの場所に人を呼び戻すため、Iターン支援プロジェクトが実施されることになった。

徐々に明らかになる、限界集落の「現実」、そして静かに待ち受ける「衝撃」!

編集部の見どころ解説

あおい司書
ここで描かれている問題は今日本各地で現実に起きていることなのだろうと思うと、考えさせられる部分も多いです。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

37.王とサーカス

王とサーカス

あらすじ

新聞社を辞めたばかりの太刀洗万智は、海外旅行特集の仕事で事前取材のためネパールに向かった。

現地で知り合った少年にガイドを頼み、穏やかな時間を過ごそうとしていた矢先、王族殺害事件が勃発する。

太刀洗はジャーナリストとして早速取材を開始したが、彼女の前にはひとつの死体が転がり……。

編集部の見どころ解説

あおい司書
全く知らない土地なのに場面を想像出来るほどの情景描写でした。ラストの切なさは忘れられません。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

38.追想五断章

追想五断章

あらすじ

大学を休学し伯父の古書店に居候する菅生芳光は、ある女性から死んだ父親が書いた五つの「結末のない物語(リドルストーリー)」を探して欲しい、と依頼を受ける。

調査を進めるうちに、故人が20年以上前の未解決事件「アントワープの銃声」の容疑者だったことがわかり――。

編集部の見どころ解説

あおい司書
二つのストーリーに当てはまるラスト、そして5つのリドルストーリーが事件の真相を伝えている、という構造が非常に面白いです。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

39.Another 2001

Another 2001

あらすじ

多くの犠牲者が出た1998年度の〈災厄〉から3年。

春から夜見北中の一員となる生徒たちの中には、3年前の夏、見崎鳴と出会った少年・想の姿があった。

〈死者〉がクラスにまぎれこむ〈現象〉に備えて、今年は特別な〈対策〉を講じる想たちだったが…。

編集部の見どころ解説

あおい司書
ホラーとミステリのバランスが良く、明快で嫌みのない読後感。充分に仮想世界を満喫しました。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

40.霧越邸殺人事件

霧越邸殺人事件

あらすじ

信州の山中に建つ謎の洋館「霧越邸」、訪れた劇団「暗色天幕」の一行を迎える怪しい住人たち。

邸内で発生する不可思議な現象の数々…。

閉ざされた“吹雪の山荘”でやがて、美しき連続殺人劇の幕が上がる!

編集部の見どころ解説

あおい司書
事件現場の光景もあまりに美しくて印象的。どこをとってもミステリ・幻想の魅力がいっぱいいっぱいに詰まった傑作です。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

41.時計館の殺人

時計館の殺人

あらすじ

鎌倉の外れに建つ謎の館、時計館。

角島・十角館の惨劇を知る江南孝明は、オカルト雑誌の“取材班”の一員としてこの館を訪れる。

館に棲むという少女の亡霊と接触した交霊会の夜、忽然と姿を消す美貌の霊能者。

編集部の見どころ解説

あおい司書
最初に読んだときの衝撃は今でも忘れません。再読してもやはりこれはすごいとなりますね。美しい、といってもいいようなトリック。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

42.Another エピソードS

Another エピソードS

あらすじ

異能の美少女・見崎鳴は語りはじめる1998年、夏休み。

かつて夜見山北中学の三年三組で〈現象〉を経験した青年に会うため、〈湖畔の屋敷〉を訪れた時のことを。

鳴が遭遇したのは、三ヵ月前に謎の死を遂げた青年の幽霊、だった。

編集部の見どころ解説

あおい司書
超常的なものを扱いながらルール設定が厳密なのはいつも通りで、ミステリーなのできちんと「真相」もあります。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

43.眼球綺譚

眼球綺譚

あらすじ

大学の後輩から郵便が届いた。

「読んでください。夜中に、一人で」という手紙ととも。

その中にはある地方都市での奇怪な事件を題材にした小説の原稿がおさめられていて……

編集部の見どころ解説

あおい司書
目を背けたくなるのだが、続きが気になり目を背けられない、ホラーとはそういうものだと感じる部分があります。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

44.殺人鬼 ――覚醒篇

殺人鬼 ――覚醒篇

あらすじ

90年代のある夏、双葉山に集った〈TCメンバーズ〉の一行。

突如出現した殺人鬼により、一人、また一人と惨殺されてゆく……

いつ果てるとも知れない地獄の饗宴。その奥底に仕込まれた驚愕の仕掛けとは?

編集部の見どころ解説

あおい司書
想像しなければいいのに引き込まれてるから想像してしまう。読むのをやめてもしばらく想像が離れません。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

45.フリークス

フリークス

あらすじ

狂気の科学者J・Mは、五人の子供に人体改造を施し、”怪物”と呼んで責め苛む。

ある日彼は惨殺体となって発見されたが!?

――本格ミステリと恐怖、そして異形への真摯な愛が生みだした三つの物語。

編集部の見どころ解説

あおい司書
精神病院の患者達の手記や独白がとても不気味で、夜中に読んでいてゾワッとしました。人間という存在自体が「畸形」であるというのはわかる気がします。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

46.四季 春

四季 春 Green Spring

あらすじ

圧倒的人気のカリスマ、真賀田四季の物語、第1弾。

彼女は5歳になるまでに語学を、6歳には数学と物理をマスタ、一流のエンジニアになった。

すべてを一瞬にして理解し、把握し、思考するその能力に人々は魅了される。

編集部の見どころ解説

あおい司書
天才にとって不幸なのかそれともどうでもいいことなのか。真賀田四季を知ることで、更に森博嗣先生の作品に深みが生まれるようなそんな一冊です。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

47.有限と微小のパン

有限と微小のパン

あらすじ

日本最大のソフトメーカが経営するテーマパークを訪れた西之園萌絵と友人・牧野洋子、反町愛。

パークでは過去に「シードラゴンの事件」と呼ばれる死体消失事件があったという。

萌絵たちを待ち受ける新たな事件、そして謎。

編集部の見どころ解説

あおい司書
読み応えあるなぁと思いながら本を開くと、あっという間に読み終わりました。今回は色んな意味で騙された…全ては装飾に過ぎません。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

48.月は幽咽のデバイス

月は幽咽のデバイス

あらすじ

薔薇屋敷あるいは月夜邸と呼ばれるその屋敷には、オオカミ男が出るという奇妙な噂があった。

瀬在丸紅子たちが出席したパーティの最中、衣服も引き裂かれた凄惨な死体が発見された。

現場は内側から施錠された密室で、床一面に血が飛散していた。

編集部の見どころ解説

あおい司書
本の登場人物で魅力的なキャラクターは沢山いるけれど、個人的にこのシリーズはかなり上位にランキングされる魅力の持ち主だと感じています。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

49.四季 冬

四季 冬

あらすじ

「それでも、人は、類型の中に夢を見ることが可能です」四季はそう言った。

生も死も、時間という概念をも自らの中で解体し再構築し、新たな価値を与える彼女。

超然とありつづけながら、成熟する天才の内面を、ある殺人事件を通して描く。

編集部の見どころ解説

あおい司書
《春》と同じ四季視点で話が進むからなかなかヘヴィーだけど、大人になった《冬》の四季もなかなかです。子供はみんな天才の下りが良いですね。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

50.赤緑黒白

赤緑黒白

あらすじ

鮮やかな赤に塗装された死体が、深夜マンションの駐車場で発見された。死んでいた男は、赤井。

彼の恋人だったという女性が「犯人が誰かは、わかっている。それを証明して欲しい」と保呂草に依頼する。

そして発生した第2の事件では、死者は緑色に塗られていた。

編集部の見どころ解説

あおい司書
七夏の勇敢さにグッときたし、紫子の心情にも共感できるものがあった。切ない一話です。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

ミステリー小説おすすめランキング【まとめ】

おすすめのミステリー小説を半額で読める+Tポイントが貯まる、使えるのは、ブックライブならではの特徴!

ミステリー小説を購入しなくても、気になる小説を数ページ試し読みできます。

50%OFFクーポン(半額)を利用して、ミステリー小説をお楽しみください。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

そのほか電子書籍で読める小説おすすめランキング

今回はおすすめのミステリー小説を本音レビューしました。

当サイトでは以下の条件でも分かりやすくまとめているので、ぜひご覧ください。

本ページの情報は記事更新日時点のものです。最新の配信状況はブックライブ公式HPにてご確認ください。

-小説おすすめランキング

© 2021 電子書籍ストアの図書館|2021年電子書籍サービスおすすめ比較【31社ランキング】