【2021年】池井戸潤おすすめ小説ランキング20選|ドラマ化された読みやすい人気新作

7月 28, 2021

池井戸潤おすすめ

池井戸潤の小説を読むために、実際に私が電子書籍で読み漁ったおすすめ小説をご紹介。

期待して購入したのに「面白くなかった、読んだ時間損したかも」と感じないための人気作品を本音レビュー。

2021年おすすめの池井戸潤作品のあらすじ・見どころを掲載してるので、ぜひ参考にしてください。

29社の電子書籍ストアを使って漫画を読んだ経験から、オリジナルランキングを作成しました。

漫画のあらすじ+編集部の見どころをレビューしていきます。

1.半沢直樹 1 オレたちバブル入行組

半沢直樹 1 オレたちバブル入行組

あらすじ

大手銀行にバブル期に入行して、今は大阪西支店融資課長の半沢。

夢多かりし新人時代は去り、気がつけば辛い中間管理職。

そんな世代へエールを送る痛快エンターテインメント小説。

編集部の見どころ解説

あおい司書
読み始めたら一気に引き込まれるストーリー展開は秀逸。元銀行員の経験を活かして銀行の実情をリアルに描いているため説得力もあります。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

2.アルルカンと道化師

アルルカンと道化師

あらすじ

東京中央銀行大阪西支店の融資課長・半沢直樹のもとにとある案件が持ち込まれる。

大手IT企業ジャッカルが、業績低迷中の美術系出版社・仙波工藝社を買収したいというのだ。

大阪営業本部による強引な買収工作に抵抗する半沢だったが、やがて背後にひそむ秘密の存在に気づく。

編集部の見どころ解説

あおい司書
過去作よりさらに人情に寄った話が展開されていきます。ミステリ要素もあって、ちょっと新鮮でした。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

3.下町ロケット

下町ロケット

あらすじ

研究者の道をあきらめ、家業の佃製作所を継いだ佃航平は、製品開発で業績を伸ばしていた。

そんなある日、商売敵の大手メーカーから理不尽な特許侵害で訴えられる。

国産ロケットを開発する帝国重工が、佃製作所が有する部品の特許技術に食指を伸ばしてきた。

編集部の見どころ解説

あおい司書
理系でなくてもわかるように書かれた技術の秘密。展開の巧みさ。そしてラストの痛快さ。何度読んでも面白いです。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

4.銀翼のイカロス

銀翼のイカロス

あらすじ

出向先から東京中央銀行本店に復帰した半沢直樹に頭取から大仕事が降ってきた。

破綻寸前の航空会社、帝国航空の再建を担当せよというのだ。

痛快度100%、無敵のエンタメ小説「半沢シリーズ」第4作、待望の文庫化です!

編集部の見どころ解説

あおい司書
シリーズを通して、一貫して、美しく、矜持を持って生きるとはどういう事なのかを教えてくれます。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

5.花咲舞が黙ってない

花咲舞が黙ってない

あらすじ

東京第一銀行の行員・花咲舞は、己の信じる正義のもと、問題支店や勘違い行員を指導している。

そんな中、ひょんなことから「組織の秘密」というパンドラの箱を開けてしまい……

このままでは我が行はダメになる!

編集部の見どころ解説

あおい司書
とても興味深く、また爽快感をもって読ませていただきました。池井戸さんの一連の作品は、とても勉強になります。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

6.銀行総務特命

銀行総務特命

あらすじ

帝都銀行で唯一、行内の不祥事処理を任された指宿修平。

顧客名簿流出、現役行員のAV出演疑惑、幹部の裏金づくり……

スキャンダルに事欠かない伏魔殿(メガバンク)を指宿は奔走する。

編集部の見どころ解説

あおい司書
話の構成が上手なのか、読んでておもしろくて夢中になってしまいます。
おもしろくてドラマ化されるのも理解できますし、楽しみです。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

7.鉄の骨

鉄の骨

あらすじ

中堅ゼネコン一松組の若手、富島平太が異動した先は、大口公共事業の受注部署だった。

今度の地下鉄工事を取らないと、ウチが傾くぞ――

たしかな技術力を武器に、真正面から入札に挑もうとする一松組の前に、「談合」の壁が立ちはだかる。

編集部の見どころ解説

あおい司書
若手営業マンの仕事に対する苦悩や会社に染まってしまう気持ち、その経過を見つつ、上司が取る手腕や思惑が面白いです。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

8.陸王

陸王

あらすじ

埼玉県行田市にある老舗足袋業者「こはぜ屋」。

日々、資金操りに頭を抱える四代目社長の宮沢紘一は、会社存続のためにある新規事業を思い立つ。

これまで培った足袋製造の技術を生かして、ランニングシューズの開発はできないだろうか?

編集部の見どころ解説

あおい司書
ぐいぐい引き込まれるように読んでしまうのは、困難な状況でも譲れない何かを貫く生き方に共感するからなのでしょう。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

9.ようこそ、わが家へ

ようこそ、わが家へ

あらすじ

真面目なだけが取り柄の会社員・倉田太一は、ある夏の日、駅のホームで割り込み男を注意した。

すると、その日から倉田家に対する嫌がらせが相次ぐようになる。

直木賞作家が“身近に潜む恐怖”を描く文庫オリジナル長編を電子化。

編集部の見どころ解説

あおい司書
シチュエーションとしては現実としてよくある事なのかもしれない。そんな怖さをじわじわと感じられる作品でした。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

10.ノーサイド・ゲーム

ノーサイド・ゲーム

あらすじ

2019年7月放映、ドラマ「ノーサイド・ゲーム」(TBS日曜劇場)の原作。

経営戦略室から左遷された男が挑む――。

低迷ラグビー部を“経済的に”立て直せ!

編集部の見どころ解説

あおい司書
当然どちらも切れ味鋭く面白く、裏切らない展開の中で小さな驚きもあり、面白い話とはこういうものか、と感心しました。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

11.架空通貨

架空通貨

あらすじ

女子高生・麻紀の父が経営する会社が破綻した――。

かつて商社マンだった社会科教師の辛島は、その真相を確かめるべく麻紀とともに動き出した。

2人がは「円」以上に力を持った闇のカネによって、人や企業、銀行までもが支配された街に着く。

編集部の見どころ解説

あおい司書
説明がわかりやすくて詳細で非常に為になる一冊。ここまでリアリティのある恐ろしい結末を描けるのは、流石の一言です。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

12.かばん屋の相続

かばん屋の相続

あらすじ

池上信用金庫に勤める小倉太郎。

その取引先「松田かばん」の社長が急逝し、残された二人の兄弟。

乗り込んできた長男と対峙する小倉太郎。父の想いはどこに?

編集部の見どころ解説

あおい司書
人生とは、ハッピーエンドばかりではないということを痛感しました。人間模様にリアリティが感じられる。いい作品です。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

13.株価暴落

株価暴落

あらすじ

巨大スーパー・一風堂を襲った連続爆破事件。

株価は暴落、一風堂の巨額支援要請をめぐって、白水銀行審査部の板東は企画部の二戸と対立する。

一方、警視庁にタレコミ電話で犯人と目された男の父は、一風堂の強引な出店で自殺に追いこまれていた。

編集部の見どころ解説

あおい司書
ドキドキハラハラさせられる展開やかなり意外な結末など、とても面白かったです。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

14.仇敵

仇敵

あらすじ

幹部行員の裏金工作を追及した恋窪商太郎は、謂れなき罪を着せられメガバンクを辞職。

エリートから地方銀行の庶務行員となるが、人生の豊かさを知る。

だが、元ライバルからの電話が再び運命を揺るがす――。

編集部の見どころ解説

あおい司書
銀行の仕組みが描かれてるのが分かりやすいし、一気に読み上げたくなります。けっこう古い話だけど、古いを感じさせません。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

15.最終退行

最終退行

あらすじ

現場銀行員による腐敗幹部との誇り高き闘い、リアリティーあふれる長編銀行ミステリー。

東京第一銀行の副支店長・蓮沼鶏二は、本部と取引先や現場行員との板挟みに遭っていた。

攻守ところを変えるスリリングなドラマから現代サラリーマン社会の構造的欠陥を浮き彫りにする。

編集部の見どころ解説

あおい司書
終わり良ければすべて良し!話の運びだけでいうとそんな感じ。しかし読み応えは十分でした。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

16.下町ロケット ゴースト

下町ロケット ゴースト

あらすじ

倒産の危機や幾多の困難を、熱き思いと諦めない姿勢で切り抜けてきた大田区の町工場「佃製作所」。

しかし、またしても佃製作所は予期せぬトラブルにより窮地に陥っていく。

絶体絶命のピンチを切り抜けるため、佃が下した意外な決断とは・・・・・・。

編集部の見どころ解説

あおい司書
大きな挫折を味わってもなお、前に進もうとする者たちの不屈の闘志とプライドが胸を打ちます。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

17.下町ロケット ヤタガラス

下町ロケット ヤタガラス

あらすじ

社長・佃航平の閃きにより、トランスミッションの開発に乗り出した佃製作所。

果たしてその挑戦はうまくいくのか――。

大きな挫折を経験した者たちの熱き思いとプライドが大激突!

編集部の見どころ解説

あおい司書
さまざまな思惑が絡み合っていてシリーズの中で最も複雑なストーリーだった。佃製作所の熱意に感動しました。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

18.シャイロックの子供たち

シャイロックの子供たち

あらすじ

とある銀行の支店で起きた現金紛失事件。

女子行員に疑いがかかるが、別の男が失踪!?

銀行という組織を通して、普通に働き、普通に暮らすことの幸福と困難さを鮮烈に描いた傑作群像劇。

編集部の見どころ解説

あおい司書
二回目読み直すことでまた別の顔を見せてくれそう。ミステリー好きの方、是非ご一読を。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

19.不祥事

不祥事

あらすじ

うそぶく石頭の幹部をメッタ斬るのは、若手ホープの“狂咲”こと花咲舞。

トラブルを抱えた支店をまわり(=臨店)、業務改善を指導する舞は、事務と人間観察の名手。

歯に衣着せぬ言動で、歪んだモラルと因習に支配されたメガバンクを蹴り上げる!

編集部の見どころ解説

あおい司書
小説自体は短編集だが、全編を通して一つの大きな話としても読むこともできる。毎日の仕事のストレスを解消したいすべてに人におすすめです。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

20.七つの会議

七つの会議

あらすじ

エリート課長・坂戸を“パワハラ”で社内委員会に訴えたのは、歳上の万年係長・八角だった―。

いったい、坂戸と八角の間に何があったのか?

筋書きのない会議がいま、始まる―。

編集部の見どころ解説

あおい司書
やはり物語の読みやすさは一級品です。八角の風貌がどんどん良くなっていくのを感じれて心地良く読了できました。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

池井戸潤おすすめ小説ランキング【まとめ】

おすすめの池井戸潤小説を半額で読める+Tポイントが貯まる、使えるのは、ブックライブならではの特徴!

池井戸潤小説を購入しなくても、気になる漫画を数ページ試し読みできます。

50%OFFクーポン(半額)を利用して、池井戸潤小説をお楽しみください。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

そのほか作者別のおすすめ小説の選び方

今回はおすすめの池井戸潤小説を本音レビューしました。

当サイトでは以下の条件でも分かりやすくまとめているので、ぜひご覧ください。

本ページの情報は記事更新日時点のものです。最新の配信状況はブックライブ公式HPにてご確認ください。

-人気作家の小説おすすめランキング

© 2021 電子書籍ストアの図書館|2021年電子書籍サービスおすすめ比較【31社ランキング】