【2021年】百田尚樹おすすめ小説ランキング20選|魅力のベストセラー本で新作

8月 11, 2021

百田尚樹おすすめ

百田尚樹の小説を読むために、実際に私が電子書籍で読み漁ったおすすめ小説をご紹介。

期待して購入したのに「面白くなかった、読んだ時間損したかも」と感じないための人気作品を本音レビュー。

2021年おすすめの百田尚樹作品のあらすじ・見どころを掲載してるので、ぜひ参考にしてください。

29社の電子書籍ストアを使って漫画を読んだ経験から、オリジナルランキングを作成しました。

漫画のあらすじ+編集部の見どころをレビューしていきます。

1.永遠の0

永遠の0

あらすじ

「生きて帰る」という妻との約束にこだわり続けた男は、なぜ特攻に志願したのか?

健太郎と慶子はついに六十年の長きにわたって封印されていた驚愕の事実にたどりつく。

はるかなる時を超えて結実した過酷にして清冽なる愛の物語!

編集部の見どころ解説

あおい司書
戦争を知るという意味において、その時代に生きた人たちの姿を想像し、気持ちに寄り添うことのできるこの作品は価値のある作品だと思います。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

2.海賊とよばれた男

海賊とよばれた男

あらすじ

ページをめくるごとに、溢れる涙。

これはただの経済歴史小説ではない。

「第二の敗戦」を目前に、日本人の強さと誇りを示した男。

編集部の見どころ解説

あおい司書
戦前から戦後にかけての物語。主人公の人間尊重、自ら正しいと思ったことを貫くことは大切なことだと痛感しました。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

3.モンスター

モンスター

あらすじ

田舎町で瀟洒なレストランを経営する絶世の美女・未帆。

彼女の顔はかつて畸形的なまでに醜く、周囲からバケモノ扱いされる悲惨な日々。

思い悩んだ末にある事件を起こし、町を追われた未帆は、整形手術で完璧な美人に変身を遂げる。

編集部の見どころ解説

あおい司書
世の中の女性の美に対する価値が物語の中で言語化されており興味深かったです。最後の余韻を受けてまた考えさせられます。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

4.影法師

影法師

あらすじ

下級武士から筆頭家老にまで上り詰めた勘一は竹馬の友、彦四郎の行方を追っていた。

二人の運命を変えた二十年前の事件。

確かな腕を持つ彼が「卑怯傷」を負った理由とは。

編集部の見どころ解説

あおい司書
主人公が過去を回想するシーンが度々出てくるが、話の構成がよくできているためとてもわかりやすいです。読み終わったあとにタイトルにも納得。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

5.プリズム

プリズム

あらすじ

ある資産家の家に家庭教師として通う聡子。

彼女の前に屋敷の離れに住む青年が現れる。

感涙必至の、かつてない長編恋愛サスペンス。

編集部の見どころ解説

あおい司書
最後の1ページが素敵だった、彼が消えていない証。本の題名と表紙のデザインが、この物語を見事に表しています。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

6.輝く夜

輝く夜

あらすじ

イブの夜、五人の女性に起きた五つの奇蹟――。

『永遠の0』で全国の読者を感涙の渦に巻き込んだストーリーテラー百田尚樹が贈る、愛をめぐる珠玉の短編集!

編集部の見どころ解説

あおい司書
五篇の短編小説集。どれも読後感が爽やかな素敵な話で、生きるって良いなと思える小説ばかりでした。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

7.幻庵

幻庵

あらすじ

武家の三男坊が囲碁に抱いた見果てぬ夢。

史上最強の名人になる。

囲碁の天才たちによる触れれば血が吹き出るような熱き激闘、その歴史の幕が上がる!

編集部の見どころ解説

あおい司書
中国から伝来してきた囲碁は江戸時代に日本で進化を遂げた、名人級の腕を持ちながら名人にならなかった漢達と至高の一手を目指す天才達の物語です。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

8.風の中のマリア

風の中のマリア

あらすじ

命はわずか三十日、ここはオオスズメバチの帝国だ。

晩夏、隆盛を極めた帝国に生まれた戦士、マリア。

幼い妹たちと「偉大なる母」のため、恋もせず、子も産まず、命を燃やして戦い続ける。

編集部の見どころ解説

あおい司書
なんのために生きるのか。そんなこと考える必要なんてないことに初めて気付かされました。どんな哲学よりも確かな生き方を見ました。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

9.カエルの楽園

カエルの楽園

あらすじ

国を追われた二匹のアマガエルは、辛い放浪の末に夢の楽園にたどり着く。

その国は「三戒」と呼ばれる戒律と、「謝りソング」という奇妙な歌によって守られていた。

だが、南の沼に棲む凶暴なウシガエルの魔の手が迫り、楽園の本当の姿が明らかになる……。

編集部の見どころ解説

あおい司書
現在の日本が置かれている状況を分かりやすく説明してくれている本。今の日本を自分でしっかり勉強しなきゃならないと思いました。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

10.バカの国

バカの国

あらすじ

何でもいちゃもんをつけて炎上させるクレーマー・バカ、SNSで自らの愚かさを世に知らしめる新手のバカ、常人には理解不能な真正のバカ。

バカは、いまやこの国の中枢まで侵食しつつあるのだ。

編集部の見どころ解説

あおい司書
百田尚樹さんの言い回しがうまく読みやすかったです。最初から最後まで様々なツールで現れた情けない話に対して意見を述べています。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

11.偽善者たちへ

偽善者たちへ

あらすじ

都合のいい正義を振りかざし自省しないマスコミ、犯罪者をやたら擁護したがる人権派、隣国の横暴には見て見ぬふりをする輩たち、無責任な発言ばかり繰り返す野党議員……。

この国に蔓延する数多の「偽善」をぶった斬り!

編集部の見どころ解説

あおい司書
偽善という観点から様々な題材を取り上げていて、考える良いきっかけとなりました。時間があれば読み返したいです。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

12.大放言

大放言

あらすじ

思ったことや軽いジョークを口にしただけで、クレーム、バッシングの嵐。

求められるのは人畜無害な意見ばかり。

数々の物議を醸してきた著者が、ズレた若者、偏向したマスコミ、平和ボケの政治家たちを縦横無尽にメッタ斬り。

編集部の見どころ解説

あおい司書
世の中の「これはおかしい」という話に、面白おかしく正論でぶつかっていく一冊です。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

13.戦争と平和

戦争と平和

あらすじ

日本は絶対に戦争をしてはいけない。

日本人ほど、戦争に向かない民族はいないのだから――。

「ゼロ戦」と「グラマン」の徹底比較から見えてきた、私たちの致命的な欠点とは何か。

編集部の見どころ解説

あおい司書
日本は戦争に向いていない民族、まさにその通りだと思います。きちんと条文を記入した上で、わかりやすく主張を展開しています。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

14.鋼のメンタル

鋼のメンタル

あらすじ

他人の目が気になってしかたがない、悪口に落ち込む、すぐにクヨクヨする、人前であがってしまう……

マスコミ、ネットで激しいバッシングを受けても、我が道を行く「鋼のメンタル」は、どのように形成されたのか。

著者初の人生論にして、即効性抜群の実践的メンタルコントロール術!

編集部の見どころ解説

あおい司書
自意識の強さ、自信のなさが原因。今を幸せと感じ、明るく生きて行こう、というメッセージと解釈しました。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

15.錨を上げよ

錨を上げよ

あらすじ

戦争が終わってちょうど十年目、空襲の跡が残る大阪の下町に生まれた作田又三。

ある日、単車に乗って当てのない旅に出るが、信州の山奥の村で暴漢に襲われて遭難、拾われたトラックで東京へ。

チンピラに誘われて組事務所を手伝うことになるのだが――。

編集部の見どころ解説

あおい司書
時代の変化や恋愛、冒険、喧嘩…どんどん読み進めれた。主人公の気の粗さはツイッターの著者からも垣間見える気がしました。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

16.ボックス!

ボックス!

あらすじ

アホでおちゃらけだが天才的ボクシングセンスを持つ鏑矢義平。

彼の所属する恵比寿高校ボクシング部に幼なじみでいじめられっ子だった木樽優紀が入部した。

特進コースで成績トップクラスの木樽の入部は周囲を驚かせる。

編集部の見どころ解説

あおい司書
ボクシングの詳しいルールを知らなくても、試合の様子が想像できる筆致で夢中になって読みました。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

17.フォルトゥナの瞳

フォルトゥナの瞳

あらすじ

幼い頃に家族を火事で失い天涯孤独の身となった木山慎一郎。

友人も恋人もなく、自動車塗装工として黙々と働くだけの日々を送っていた。

だが突然「他人の死の運命」を視る力を手に入れ、生活は一変する。

編集部の見どころ解説

あおい司書
冒頭から釘付けになる文章。ありえない物語なのだが人間の常識というか情について考えさせられます。

 

18.夏の騎士

夏の騎士

あらすじ

ぼくと健太、陽介は、勉強も運動もできない落ちこぼれ。

だが『アーサー王の物語』に感動したぼくの発案で、三人で「騎士団」を結成。

憧れの美少女、有村由布子を守るため、隣町で起きた女子小学生殺害事件の犯人探しを始めたが――。

編集部の見どころ解説

あおい司書
手にとって読み始めた瞬間から物語の世界にいざなわれました。表紙のイメージそのままの夏休みにふさわしい作品だと思います。

 

19.夢を売る男

夢を売る男

あらすじ

本の出版を夢見る人々に丸栄社の敏腕編集長・牛河原は「いつもの提案」を持ちかける。

「現代では、夢を見るには金がいるんだ」。

牛河原がそう嘯くビジネスの中身とは。

編集部の見どころ解説

あおい司書
素人の書いた原稿を出版する出版社はあります。そんな出版業界の裏側の実情を描いた小説ということで興味深かったです。

 

20.幸福な生活

幸福な生活

あらすじ

「ご主人の欠点は浮気性」帰宅すると不倫相手が妻と談笑していた。

こんな夜遅くに、なぜ彼女が俺の家に?

二人の関係はバレたのか?

編集部の見どころ解説

あおい司書
幸福の裏に隠された衝撃の事実を綴った19の短編集。また最後の一行でビックリさせられる結末に持っていく構成力の見事さにあっぱれです。

 

百田尚樹おすすめ小説ランキング【まとめ】

おすすめの百田尚樹小説を半額で読める+Tポイントが貯まる、使えるのは、ブックライブならではの特徴!

百田尚樹小説を購入しなくても、気になる漫画を数ページ試し読みできます。

50%OFFクーポン(半額)を利用して、百田尚樹小説をお楽しみください。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

そのほか作者別のおすすめ小説の選び方

今回はおすすめの百田尚樹小説を本音レビューしました。

当サイトでは以下の条件でも分かりやすくまとめているので、ぜひご覧ください。

本ページの情報は記事更新日時点のものです。最新の配信状況はブックライブ公式HPにてご確認ください。

-人気作家の小説おすすめランキング

© 2021 電子書籍ストアの図書館|2021年電子書籍サービスおすすめ比較【31社ランキング】