【2021年最新】歴史・時代小説おすすめランキング20選|女性・江戸・読みやすい作家

8月 18, 2021

歴史・時代小説おすすめ

歴史・時代小説を読むために、実際に私が電子書籍で読み漁ったおすすめ小説をご紹介。

期待して購入したのに「面白くなかった、読んだ時間損したかも」と感じないための人気作品を本音レビュー。

2021年おすすめの歴史・時代小説のあらすじ・見どころを掲載してるので、ぜひ参考にしてください。

29社の電子書籍ストアを使って小説を読んだ経験から、オリジナルランキングを作成しました。

小説のあらすじ+編集部の見どころをレビューしていきます。

1.竜馬がゆく

竜馬がゆく

あらすじ

土佐の郷士の次男坊に生まれながら、ついには維新回天の立役者となった坂本竜馬の奇蹟の生涯を、激動期に生きた多数の青春群像とともに壮大なスケールで描きあげる。

司馬遼太郎の永遠のベストセラーが半世紀の時を経て、電子版で新たによみがえる!

編集部の見どころ解説

あおい司書
もっと読みにくくて難しい本かと思っていましたが、全く違います。時代を感じさせない読みやすさとストーリーでどんどん次が読みたくなります。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

2.新選組 幕末の青嵐

新選組 幕末の青嵐

あらすじ

身分をのりこえたい、剣を極めたい、世間から認められたい――

京都警護という名目のもとに結成された新選組だが、思いはそれぞれ異なっていた。

ひとりひとりの人物にスポットをあてることによって、隊の全体像を鮮やかに描き出す。

編集部の見どころ解説

あおい司書
色んな隊士の視点で書かれているが、とても読みやすいです。解説にもあるが、見える部分だけ見ていてはいけないなと思いました。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

 

3.おそろし 三島屋変調百物語事始

おそろし 三島屋変調百物語事始

あらすじ

十七歳のおちかは、ある事件を境に、ぴたりと他人に心を閉ざした。

ふさぎ込む日々を、叔父夫婦が江戸で営む袋物屋「三島屋」で黙々と働くことでやり過ごしている。

ある日、叔父の伊兵衛はおちかに、これから訪ねてくる客の応対を任せると告げ、出かけてしまう。

編集部の見どころ解説

あおい司書
切ないことも、温かいことも、たくさん出てくるお話です。登場人物みんなが懐が深くて魅力的です。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

4.坂の上の雲

坂の上の雲

あらすじ

維新で賊軍とされた伊予・松山に、三人の若者がいた。

三人はやがて、固陋なる故郷を離れ、学問・天下を目指して東京に向かう。

しかし、誰が彼らの将来を予見できただろうか。

編集部の見どころ解説

あおい司書
当時の時代の若者の考えかたが、明治維新の新時代だからこそ今とは全く違う。大作だが、読み直したいと思える作品です。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

5.敵の名は、宮本武蔵

敵の名は、宮本武蔵

あらすじ

数々の剣客を斃し、二刀流を究めた宮本武蔵。

かの剣豪は、敵との戦いの末、なにを見たのか。

木下昌輝が武蔵の敵側からの視点で描き出した、 かつてない武蔵像がここに誕生する。

編集部の見どころ解説

あおい司書
武蔵自身を描かずに武蔵を描く。読んでいて登場人物の苦悩や葛藤が伝わってきて、一緒に苦しくなりました。良い作品です。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

6.影法師

影法師

あらすじ

下級武士から筆頭家老にまで上り詰めた勘一は竹馬の友、彦四郎の行方を追っていた。

二人の運命を変えた二十年前の事件。

確かな腕を持つ彼が「卑怯傷」を負った理由とは。

編集部の見どころ解説

あおい司書
主人公が過去を回想するシーンが度々出てくるが、話の構成がよくできているためとてもわかりやすいです。読み終わったあとにタイトルにも納得。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

7.燃えよ剣

燃えよ剣

あらすじ

佐幕派と倒幕派が対立する幕末の激動期。

武州多摩のバラガキだった土方歳三は、近藤勇、沖田総司らとともに、京へ向かう。

京都守護職御預の名のもと、「新選組」を結成。

編集部の見どころ解説

あおい司書
幕末の混乱時期、虐げられた世の中でこうも剣で戦うとは。面白いけどそれよりも感動したって感じです。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

8.三河雑兵心得 : 1 足軽仁義

三河雑兵心得 : 1 足軽仁義

あらすじ

喧嘩のはずみで人を殺め、村を出奔した18歳の茂兵衛は、夏目次郎左衛門の屋敷に奉公することになる。

だが、折しも一向一揆が勃発。

波乱の世に漕ぎ出すことになった新米足軽の運命やいかに!?

編集部の見どころ解説

あおい司書
家康の気苦労への対処は、多くの部下や領民の命がかかっているだけに大したものだと感銘を受けました。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

9.上杉鷹山

上杉鷹山

あらすじ

九州の小藩からわずか十七歳で名門・上杉家の養子に入り、出羽・米沢の藩主となった治憲(後の鷹山)。

破滅の危機にあった藩政を建て直すべく、直ちに改革に乗り出す。

経世家・上杉鷹山の感動の生涯を描いた長篇。

編集部の見どころ解説

あおい司書
危機における組織改革、リーダーシップ、部下の扱い方、評価の仕方など、そのまま現代の企業に置き換えて非常に参考になるストーリーです。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

10.万波を翔る

万波を翔る

あらすじ

この国の岐路を、異国にゆだねてはならぬ

維新前夜、近代外交の礎を築いた幕臣たちの物語。

勝海舟、水野忠徳、岩瀬忠震、小栗忠順から、渋沢栄一まで異能の幕臣たちが、海の向こうと対峙する。

編集部の見どころ解説

あおい司書
幕末の幕府の側で外交がこれほど真剣に考えられていたことに驚きました。条約締結の話し合いなど,手に汗握る場面も多かったです。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

11.正妻 慶喜と美賀子

正妻 慶喜と美賀子

あらすじ

幕府と朝廷の関係にも動乱の機運が高まる十五代家慶の治世。

一条家の美しき姫美賀子は、英邁の噂轟く一橋慶喜に嫁いだ。

信念を曲げない夫の奇矯な振る舞いに翻弄される美賀子は、ある哀しい決意を抱く。

編集部の見どころ解説

あおい司書
正妻の立場から慶喜を描くのがとても面白いです。続きが気になり連日寝不足になりました。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

12.拙者、妹がおりまして

拙者、妹がおりまして

あらすじ

本所に住まう御家人の白瀧勇実は、無役の小普請ながら学問に優れ、剣術にも長けた二十三歳の若侍。

手習所の師匠を務め子供たちにも慕われる好青年だが、出不精でのんびり屋なのが玉にきず。

一方、勇実の六つ下の妹千紘は、勇実にやる気を出させるべく、叱咤するのだが――。

編集部の見どころ解説

あおい司書
おきゃんな妹がフューチャーされていくのかと思う出だしだったが、雰囲気が変わってきそうなシリーズの第1弾です。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

13.豊臣秀長 ある補佐役の生涯

豊臣秀長 ある補佐役の生涯

あらすじ

世に名将・名参謀と呼ばれる人物は数多いが、名補佐役はきわめて少ない――。

卓越した実務能力と抜群の調整力、非凡な統治能力で、脆弱な豊臣家の体制を支え続けた、日本史上屈指のナンバー2と呼ばれる男の生涯を丹念に描く歴史巨編。

編集部の見どころ解説

あおい司書
輝かしい実績を持つ人の裏には、いつもこういった人がいるんだろうなと、妙に納得してしまいました。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

14.心淋し川

 

心淋し川

あらすじ

「誰の心にも淀みはある。でも、それが人ってもんでね」

江戸、千駄木町の一角は心町と呼ばれ、そこには「心淋し川」と呼ばれる小さく淀んだ川が流れていた。

生きる喜びと生きる哀しみが織りなす、著者渾身の時代小説。

編集部の見どころ解説

あおい司書
違う主人公の人間模様が描かれているけれど、一貫して心町を取り仕切る差配の茂十の存在は、作品の中でも光を放っています。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

15.日雇い浪人生活録

日雇い浪人生活録

あらすじ

九代将軍家重の治世。

親の代からの浪人・諫山左馬介は、馴染みの棟梁の紹介で割のいい仕事にありついた。

江戸の「金」に正面から挑む新シリーズ、堂々の第一弾!

編集部の見どころ解説

あおい司書
浪人が主役という初めての展開。米の一石と一俵と小判の関係、小判と1分金・1朱金そして1文銭との換金率などが説明されているのも面白いです。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

16.井上成美

井上成美

あらすじ

昭和五十年暮、最後の元海軍大将が逝った。

帝国海軍きっての知性といわれた井上成美である。

彼は、終始無謀な対米戦争に批判的で戦後は近所の子供たちに英語を教えながら清貧の生活を貫いた。

編集部の見どころ解説

あおい司書
井上成美大将がいてよかった。こういう先見性のある人1人1人のおかげで日本はよりひどいことにならずに済んだのではないでしょうか。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

17.涅槃の雪

涅槃の雪

あらすじ

町与力の高安門佑は、新任の北町奉行・遠山景元の片腕として市井の取締りに励む毎日だ。

その最中、元遊女のお卯乃を屋敷に引き取る。

お卯乃との生活に安らぎを覚える門佑だが、水野忠邦が推進する天保の改革は、江戸を蝕み始めていた。

編集部の見どころ解説

あおい司書
悪名高い、天保の改革の中くらいで若き町与力の高安門佑が苦悩しながら成長していく姿に感動。北町奉行の遠山影元や鳥居耀藏らの捉え方も面白かったです。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

18.壬生義士伝

壬生義士伝

あらすじ

小雪が舞う一月の夜更け、大坂・南部藩蔵屋敷に、傷だらけの侍がたどり着いた。

貧しさゆえ南部藩を脱藩し、壬生浪と蔑称された新選組の隊士になった、吉村貫一郎であった。

元新選組隊士や教え子たちが語る非業の隊士の生涯から、ひとすじに生きた「誠」の人生が浮びあがる。

編集部の見どころ解説

あおい司書
ひたすら泣かされます。色々な泣かされ方します。幕末や新選組に興味を持たない方にもおすすめしたいです。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

19.村上海賊の娘

村上海賊の娘

あらすじ

瀬戸内海の島々に根を張り、強勢を誇る当主の村上武吉。

彼の剛勇と荒々しさを引き継いだのは、娘の景(きょう)だった。

この姫が合戦前夜の難波へ向かう時、物語の幕が開く――。

編集部の見どころ解説

あおい司書
物を盗んでいくような海賊とは違い、戦国武将みたいでスラスラ読めました。読み終わった時の爽快感も良いです。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

20.口入屋用心棒

口入屋用心棒

あらすじ

わけも告げず姿を消した妻を探し求めて、駿州沼里から江戸にやってきた湯瀬直之進は、小日向東古川町で店を構える口入屋・米田屋に住み込みの用心棒として雇われる。

仔細あって木刀しか遣わない直之進だが、主の光右衛門について江戸の商家を回ることになる。

編集部の見どころ解説

あおい司書
判りやすく、読みやすい文体なので、軽いドラマ感覚で読める作品。なかなか面白い話のプロローグです。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

歴史・時代小説おすすめランキング【まとめ】

おすすめの歴史・時代小説を半額で読める+Tポイントが貯まる、使えるのは、ブックライブならではの特徴!

歴史・時代小説を購入しなくても、気になる小説を数ページ試し読みできます。

50%OFFクーポン(半額)を利用して、歴史・時代小説をお楽しみください。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

そのほか電子書籍で読める小説おすすめランキング

今回はおすすめの歴史・時代小説を本音レビューしました。

当サイトでは以下の条件でも分かりやすくまとめているので、ぜひご覧ください。

本ページの情報は記事更新日時点のものです。最新の配信状況はブックライブ公式HPにてご確認ください。

-小説おすすめランキング

© 2021 電子書籍ストアの図書館|2021年電子書籍サービスおすすめ比較【31社ランキング】