【2021年】経済小説おすすめランキング20選|ビジネス小説で初心者必読

8月 14, 2021

経済小説おすすめ

経済小説を読むために、実際に私が電子書籍で読み漁ったおすすめ小説をご紹介。

期待して購入したのに「面白くなかった、読んだ時間損したかも」と感じないための人気作品を本音レビュー。

2021年おすすめの経済小説のあらすじ・見どころを掲載してるので、ぜひ参考にしてください。

29社の電子書籍ストアを使って小説を読んだ経験から、オリジナルランキングを作成しました。

小説のあらすじ+編集部の見どころをレビューしていきます。

1.海賊とよばれた男

海賊とよばれた男

あらすじ

すべてのビジネスマンに捧ぐ。

本屋大賞の話題作、早くも文庫化!

ページをめくるごとに、溢れる涙。これはただの経済歴史小説ではない。

編集部の見どころ解説

あおい司書
戦前から戦後にかけての物語。主人公の人間尊重、自ら正しいと思ったことを貫くことは大切なことだと痛感しました。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

2.小説8050

小説8050

あらすじ

従順な妻と優秀な娘にめぐまれ、完璧な人生を送っているように見える大澤正樹には秘密がある。

有名中学に合格し、医師を目指していたはずの長男の翔太が、七年間も部屋に引きこもったままなのだ。

「引きこもり100万人時代」に必読の絶望と再生の物語。

編集部の見どころ解説

あおい司書
順風満帆にいくはずだった人生が容易く崩れていく様をリアルに表現していました。翔太をずっと応援しながら読みました。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

3.アルルカンと道化師

アルルカンと道化師

あらすじ

東京中央銀行大阪西支店の融資課長・半沢直樹のもとにとある案件が持ち込まれる。

大手IT企業ジャッカルが、業績低迷中の美術系出版社・仙波工藝社を買収したいというのだ。

大阪営業本部による強引な買収工作に抵抗する半沢だったが、やがて背後にひそむ秘密の存在に気づく。

編集部の見どころ解説

あおい司書
過去作よりさらに人情に寄った話が展開されていきます。ミステリ要素もあって、ちょっと新鮮でした。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

4.マネーロンダリング

マネーロンダリング

あらすじ

香港在住で、もぐりのコンサルタント・工藤をある日、美しい女・麗子が訪ねる。

「五億円を日本から海外に送金し、損金として処理してほしい」

彼女の要求は、脱税の指南だった。

編集部の見どころ解説

あおい司書
ストーリー展開、サスペンスとミステリー要素。説明し過ぎと少し先が読めてしまう部分もあったけど、それを凌駕する読後感に打ちのめされます。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

5.クライマーズ・ハイ

クライマーズ・ハイ

あらすじ

1985年、御巣鷹山で日航機が墜落。

北関東新聞の古参記者・悠木は元クライマー・安西に誘われ、谷川岳に屹立する衝立岩に挑むはずだった。

若き日、新聞記者として現場を取材した著者みずからの実体験を昇華しきった、感動あふれる長編小説。

編集部の見どころ解説

あおい司書
人の生死にかかわる事柄を報道することの意味と重さ、公の場で言葉を発するのにどれほどの覚悟が必要なのかを、読者にも問いかけてきます。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

6.鉄の骨

鉄の骨

あらすじ

中堅ゼネコン一松組の若手、富島平太が異動した先は、大口公共事業の受注部署だった。

今度の地下鉄工事を取らないと、ウチが傾くぞ――

たしかな技術力を武器に、真正面から入札に挑もうとする一松組の前に、「談合」の壁が立ちはだかる。

編集部の見どころ解説

あおい司書
若手営業マンの仕事に対する苦悩や会社に染まってしまう気持ち、その経過を見つつ、上司が取る手腕や思惑が面白いです。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

7.プリンス

プリンス

あらすじ

民主主義は、国を豊かにし、明るい未来をもたらすのか。

人気シリーズ『ハゲタカ』で、“お金は人を幸せにするか”というテーマを現代社会に投げかけた著者が、“民主主義は人を幸せにするか”というテーマに挑む渾身の1冊。

編集部の見どころ解説

あおい司書
メコンという貧しい国を舞台にした、政治劇。民主主義がまだ達成されていない国で、彼らがどんなことを考え行動するのかを見るのが楽しかったです。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

8.トヨトミの野望

トヨトミの野望

あらすじ

本書の内容のどこまでが事実でどこまでがフィクションなのか。

これについて、巨大自動車企業に極めて近い経営者は99%が事実と私に言い切った。

フィクションと割り切って読むと、これほど面白い企業小説はない。

編集部の見どころ解説

あおい司書
とても面白い経済小説でした。実際の大企業と重なる部分も多く、リアルさがとてもあり、出世する人の考え方も見えて良かったです。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

9.ロスジェネの逆襲

ロスジェネの逆襲

あらすじ

バブル世代の主人公が飛ばされた証券子会社が舞台。

親会社から受けた嫌がらせや人事での圧力は、知恵と勇気で倍返し。

ロスジェネ世代の部下とともに、周囲をあっと言わせる秘策に出る。

編集部の見どころ解説

あおい司書
面白くて最後まで一気見してしまいました。半沢さんが部下や同僚たちと、自分の事しか考えてない銀行員にやり返すのが爽快でたまりません。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

10.破天荒

破天荒

あらすじ

昭和三十三年、高校中退の杉田亮平は、四十倍の競争率を突破して、十九歳で石油化学新聞に入社した。

国策会社民営化、エチレン不況カルテル、企業間の技術譲渡――

数々のスクープで業界を激震させ、水面下で経済の流れを作ったのは、毎号四ページの業界紙の若い記者だった。

編集部の見どころ解説

あおい司書
著者の自伝的小説とのこと、周囲の人がみんな巻き込まれながらも楽しんで、共に働いていた様子が目に浮かんで、すごくワクワクしました。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

11.社長の器

社長の器

あらすじ

兄は多国籍企業の総帥、弟は中小企業の2代目社長。

冷徹で攻撃型の兄と柔和で温情型の弟。

経営理念も器量も異なる兄弟社長が、ことごとくにぶつかりあう。

編集部の見どころ解説

あおい司書
昭和の話とみせて、内容はさほど古くない。ひとを惹き付ける力はいつの時代も最大の武器だと思います。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

12.拝金

拝金

あらすじ

年収200万円のフリーターから瞬く間にIT長者にのぼり詰めた青年。

一躍時代の寵児として脚光を浴びるも、快進撃に影が忍び寄る。

堀江貴文氏がライブドア事件を題材に描く青春経済小説。

編集部の見どころ解説

あおい司書
スピード感があり、上昇から墜落まで痛みを伴って書かれているのに、共感が持てます。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

13.銀翼のイカロス

銀翼のイカロス

あらすじ

出向先から東京中央銀行本店に復帰した半沢直樹に頭取から大仕事が降ってきた。

破綻寸前の航空会社、帝国航空の再建を担当せよというのだ。

痛快度100%、無敵のエンタメ小説「半沢シリーズ」第4作、待望の文庫化です!

編集部の見どころ解説

あおい司書
シリーズを通して、一貫して、美しく、矜持を持って生きるとはどういう事なのかを教えてくれます。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

14.庶務行員 多加賀主水が許さない

庶務行員 多加賀主水が許さない

あらすじ

この雑用係、何者だ!?

策謀うずまく第七明和銀行。

その支店に配属された男には、裏の使命があった――。

編集部の見どころ解説

あおい司書
テンポが有り面白い小説です。終わり方も面白いです。痛快な気分になる小説でした。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

15.官僚たちの夏

官僚たちの夏

あらすじ

日本人の誇りを取り戻すべく、固い信念で通産行政を強引。

着実に推し進め、次官への最短コースを疾走する“ミスター・通産省”風越信吾。

人事をめぐる官僚間の熱い戦いをダイナミックに捉えた城山三郎の代表作!

編集部の見どころ解説

あおい司書
本作が持つメッセージ性は少しも色褪せることなく、それどころか現代人に向けたものであるかのような錯覚さえ覚えます。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

16.マグマ

マグマ

あらすじ

外資系投資ファンドの野上妙子は、民事再生法を申請した「日本地熱開発」の担当を命ぜられる。

原子力発電の陰で見捨てられ続けてきた地熱発電所を今なぜ、そしてどうやって再生できるのか――?

世界のエネルギー情勢が急激に変化する今、地熱は日本の救世主となれるか!?

編集部の見どころ解説

あおい司書
賛成とか反対とか、立場を決めるためではなく、新しい知識と視点を持つための勉強になりました。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

17.プラチナタウン

プラチナタウン

あらすじ

大手総合商社部長・山崎鉄郎は、社員採用試験をめぐる手違いで出世コースから外されクサっていた。

そんな折、中学時代の同級生・熊沢から、故郷の緑原町の町長になってくれと言われ、酔った勢いで承諾した。

鋭い社会分析と卓抜のアイデアで評判を呼び、WOWOWでもドラマ化された傑作小説が待望の電子化!

編集部の見どころ解説

あおい司書
近い将来に起こり得るであろうビジネスモデルになると感じられました。飛び抜けた着想ができる作者の凄さ、小説家の枠を突き抜けた作品。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

18.鉄の楽園

鉄の楽園

あらすじ

東南アジアのR国の高速鉄道建設に向け、中国と熾烈な受注競争を繰り広げる四葉商事。

一方、経営破綻寸前の海東学園に突如、中国企業への身売り話が舞い込む。

四葉と海東の想いは合致し、経産省を巻き込んだ世界初・鉄道専門大学の実現に向け奔走するのだが……。

編集部の見どころ解説

あおい司書
ハードとソフトのバランスの大切さを知ることができた。これからの日本企業の生きる道のヒントが隠されているようにも思います。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

19.僕は明日もお客さまに会いに行く。

僕は明日もお客さまに会いに行く。

あらすじ

伝説のトップ営業マンとの1カ月で、20代主人公が仕事と人生の本当に大切なことを知る。

外資系企業の現役トップセールスでもあり、経験に基づいた感動ストーリー。

営業や販売、サービスのテクニックや技術、お客様への接し方も身につく一冊。

編集部の見どころ解説

あおい司書
お客様に対する関わり方のスタンスを学べる。営業に関する本ではあるが、働く人すべての人に響く本だと思いました。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

20.七つの会議

七つの会議

あらすじ

エリート課長・坂戸を“パワハラ”で社内委員会に訴えたのは、歳上の万年係長・八角だった―。

いったい、坂戸と八角の間に何があったのか?

筋書きのない会議がいま、始まる―。

編集部の見どころ解説

あおい司書
やはり物語の読みやすさは一級品です。八角の風貌がどんどん良くなっていくのを感じれて心地良く読了できました。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

経済小説おすすめランキング【まとめ】

おすすめの経済小説を半額で読める+Tポイントが貯まる、使えるのは、ブックライブならではの特徴!

経済小説を購入しなくても、気になる小説を数ページ試し読みできます。

50%OFFクーポン(半額)を利用して、経済小説をお楽しみください。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

そのほか電子書籍で読める小説おすすめランキング

今回はおすすめの経済小説を本音レビューしました。

当サイトでは以下の条件でも分かりやすくまとめているので、ぜひご覧ください。

本ページの情報は記事更新日時点のものです。最新の配信状況はブックライブ公式HPにてご確認ください。

-小説おすすめランキング

© 2021 電子書籍ストアの図書館|2021年電子書籍サービスおすすめ比較【31社ランキング】