【2021年】浅田次郎おすすめ小説ランキング20選|泣ける号泣・短編・時代小説で文庫本

8月 4, 2021

浅田次郎おすすめ

浅田次郎の小説を読むために、実際に私が電子書籍で読み漁ったおすすめ小説をご紹介。

期待して購入したのに「面白くなかった、読んだ時間損したかも」と感じないための人気作品を本音レビュー。

2021年おすすめの浅田次郎作品のあらすじ・見どころを掲載してるので、ぜひ参考にしてください。

29社の電子書籍ストアを使って漫画を読んだ経験から、オリジナルランキングを作成しました。

漫画のあらすじ+編集部の見どころをレビューしていきます。

1.鉄道員(ぽっぽや)

鉄道員(ぽっぽや)

あらすじ

娘を亡くした日も、妻を亡くした日も、男は駅に立ち続けた……。

映画化され大ヒットした表題作「鉄道員」はじめ「ラブ・レター」「角筈にて」「うらぼんえ」「オリヲン座からの招待状」など、珠玉の短篇8作品を収録した傑作集。

編集部の見どころ解説

あおい司書
多くは霊が出てくるようなファンタジックな話なのだが、だいたい「ほっこりする」ようなストーリーで、感動を導き出してくれます。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

2.蒼穹の昴

蒼穹の昴

あらすじ

汝は必ずや、あまねく天下の財宝を手中に収むるであろう――

貧しき糞拾いの少年・春児は、科挙の試験を受ける幼なじみの兄貴分・文秀に従って都へ上った。

都で袂を分かち、それぞれの志を胸に歩み始めた二人を待ち受ける宿命の覇道。

編集部の見どころ解説

あおい司書
ページ数多いけどサクッと読めます。読んでるとすんなり風景が見える。映画やドラマっぽさがありました。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

3.流人道中記

流人道中記

あらすじ

万延元年(1860年)。

姦通の罪を犯したという旗本・青山玄蕃に、奉行所は青山家の所領安堵と引き替えに切腹を言い渡す。

だがこの男の答えは一つ、「痛えからいやだ」

編集部の見どころ解説

あおい司書
二人の掛け合いが良質の漫才を観てるようで、物語に引きずり込まれてしまい、飽きさせません。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

4.天子蒙塵

天子蒙塵

あらすじ

さまよう溥儀。

紫禁城を追われた最後の皇帝(ラストエンペラー)は、日本の庇護下に。

混沌の中国で天命を、龍玉を抱く者は誰か。

編集部の見どころ解説

あおい司書
皇帝という、国の頂点の孤独さはいつの時代も存在するはずだが、特に滅びに立ち会う権力者の孤独は壮絶なものがあると感じました。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

5.五郎治殿御始末

五郎治殿御始末

あらすじ

あの爺様はの、みなに笑うてほしかったのだ――。

人生に、そして時代に決着をつけた侍たちの「終活」とは?

『一路』『流人道中記』の浅田次郎が贈る、感動の時代小説短篇集。

編集部の見どころ解説

あおい司書
幕末維新の激動期を生きた6人の侍達の壮絶な物語である。浅田次郎さんの目の付け所に感服です。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

6.マンチュリアン・リポート

マンチュリアン・リポート

あらすじ

昭和三年六月四日未明、張作霖を乗せた列車が爆破された。

関東軍の暴挙に激怒した昭和天皇の密命を受けて、若き軍人が綴った「満洲報告書」で明かされる「真相」とは?

該博な知識と丹念な取材に裏打ちされた浅田史観で、闇に葬られた昭和史最大のミステリーを追う。

編集部の見どころ解説

あおい司書
もっと満州の事や関東軍のことなど時代背景を知ってから読んだらもっと楽しめたと思いますが、浅田次郎の描写で理解が進み俄然興味が湧いてきます。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

7.夕映え天使

夕映え天使

あらすじ

東京の片隅で、中年店主が老いた父親を抱えながらほそぼそとやっている中華料理屋「昭和軒」。

そこへ、住み込みで働きたいと、わけありげな女性があらわれ……「夕映え天使」。

人生の喜怒哀楽が、心に沁みいる六篇。

編集部の見どころ解説

あおい司書
人生の喜怒哀楽+欺瞞+恐怖。でも現代とは違う、何か夕日の向こうに目指す明日と温かさを感じる不思議さがあります。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

8.地下鉄に乗って

地下鉄に乗って

あらすじ

永田町の地下鉄駅の階段を上がると、そこは30年前の風景。

ワンマンな父に反発し自殺した兄が現れた。

さらに満州に出征する父を目撃し、また戦後闇市で精力的に商いに励む父に出会う。

編集部の見どころ解説

あおい司書
最初からどこに向かっているのかわからない展開に夢中になります。結末がわかった今だからもう一度丁寧に読みたくなる。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

9.椿山課長の七日間

椿山課長の七日間

あらすじ

椿山和昭は働き盛りの46歳。

過労で倒れ、現世と来世の中間にある中陰の世界で目が覚める。

やり残した仕事、愛する家族を思うと、自分の死を受け容れられず、現世に戻ることを願い出る。

編集部の見どころ解説

あおい司書
赤の他人と思っていた登場人物同士がどんどん複雑に絡み合っていく。ついついページをめくらざるを得なくなり、止めどきが難しかったです。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

10.珍妃の井戸

珍妃の井戸

あらすじ

列強諸国に蹂躙(じゅうりん)され荒廃した清朝最末期の北京。

その混乱のさなか、紫禁城の奥深くでひとりの妃が無残に命を奪われた。

皇帝の寵愛を一身に受けた美しい妃は、何故、誰に殺されたのか?

編集部の見どころ解説

あおい司書
いろんな人のいろんな思惑が描かれていておもしろかった。蒼穹の昴の後に読んだほうが様々な発見があって良いと思います。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

11.壬生義士伝

壬生義士伝

あらすじ

小雪が舞う一月の夜更け、大坂・南部藩蔵屋敷に、傷だらけの侍がたどり着いた。

貧しさゆえ南部藩を脱藩し、壬生浪と蔑称された新選組の隊士になった、吉村貫一郎であった。

元新選組隊士や教え子たちが語る非業の隊士の生涯から、ひとすじに生きた「誠」の人生が浮びあがる。

編集部の見どころ解説

あおい司書
ひたすら泣かされます。色々な泣かされ方します。幕末や新選組に興味を持たない方にもおすすめしたいです。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

12.日輪の遺産

日輪の遺産

あらすじ

終戦直前、帝国陸軍がマッカーサーから奪った時価二百兆円に上る財宝が極秘裏に隠匿された。

それは、日本が敗戦から立ちあがるための資金となるはずだった。

そして五十年後、一人の老人が遺した手帳がその真相を明らかにしようとしていた――。

編集部の見どころ解説

あおい司書
色んな文化、色んな民族、色んな宗教があるけれど、どんなものにも「戦争」を推奨しているもの、「人を殺して良い」というものは無いと信じたいです。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

13.大名倒産

大名倒産

あらすじ

借金の積もり積もること二百年、御家を救う唯一の手立ては計画倒産!?

読めば福がやってくる!

笑いと涙の経済エンターテインメント。

編集部の見どころ解説

あおい司書
話の内容、個性溢れる登場人物、その会話中の心の想い等々全てが面白く読みながらクスッと笑いながらも漢気も有る内容で下巻が楽しみです。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

14.沙高樓綺譚

沙高樓綺譚

あらすじ

各地の名士たちが集う「沙高樓」。

世の高みに登りつめた人々が、女装の主人の元、今夜も秘密を語り始める――。

やがて聴衆は畏るべき物語に翻弄され、その重みに立ち上がることもできなくなるのだ。

編集部の見どころ解説

あおい司書
沙高樓に集まる人々が語る秘密に、ぐいぐい引き込まれる。章ごとにガラッと雰囲気が変化していく所も流石です。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

15.輪違屋糸里

輪違屋糸里

あらすじ

新選組局長・芹沢鴨はなぜ殺されたのか?

近藤勇ら試衛館派と芹沢鴨ら水戸派の間で対立が深まっていた、新選組と呼ばれる前の壬生浪士組。

京都・島原の置屋「輪違屋」の芸妓・糸里は、芹沢に無礼討ちにされ、浪士達の抗争に巻き込まれていく…。

編集部の見どころ解説

あおい司書
。浅田次郎の幕末ものは、思った以上に生き生きと登場人物が描かれており、面白く読めます。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

16.帰郷

帰郷

あらすじ

戦争は、人々の人生をどのように変えてしまったのか。

戦争に巻き込まれた市井の人々により語られる戦中、そして戦後。

時代が移り変わっても、風化させずに語り継ぐべき反戦のこころ。

編集部の見どころ解説

あおい司書
なる様にしかならなかった時代、その中で若者は自我をどう持っていたのか。
考えさせられます。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

17.一路

一路

あらすじ

失火により父が不慮の死を遂げたため、江戸から西美濃・田名部郡に帰参した小野寺一路。

齢十九にして初めて訪れた故郷では、小野寺家代々の御役目・参勤道中御供頭を仰せつかる。

失火は大罪にして、家督相続は仮の沙汰。

編集部の見どころ解説

あおい司書
面白くて読むのをとめるのが惜しいくらいでした。参勤交代が話の中心で、当時の時代とはこのようなものなのかなと勉強になることも多かったです。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

18.パリわずらい 江戸わずらい

パリわずらい 江戸わずらい

あらすじ

旅と食と感動が満載浅田次郎最新エッセイ集。

JAL機内誌『スカイワード』人気連載単行本化の第3弾。

海外、国内で遭遇した抱腹絶倒の出来事から、身辺に起こる驚きと感動のエピソードを描く傑作エッセイ集。

編集部の見どころ解説

あおい司書
読んで大正解、大御所らしいおおっぴらさ、あっけらかんとした語り口に何度も笑ってしまいました。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

19.一刀斎夢録

一刀斎夢録

あらすじ

――最強と謳われ怖れられた、新選組三番隊長・斎藤一。

“一刀斎”が近衛師団の若き中尉に夜ごと語る、過ぎにし幕末の動乱、新選組の辿った運命、そして剣の奥義。

慟哭の結末に向け香りたつ生死の哲学が深い感動を呼ぶ。

編集部の見どころ解説

あおい司書
「天才は天才を知る」という言葉の真の意味が突き刺さる至極の文章。しびれました。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

20.アイム・ファイン!

アイム・ファイン!

あらすじ

書斎の内外で起こる爆笑と福音の日々。

1年の3分の1は旅の途にある、超多忙作家の浅田次郎氏はまさに好奇心のかたまり。

自身の目を通した国内外の出来事は、たちまち優れた一編の随筆へと姿を変えていきます。

編集部の見どころ解説

あおい司書
膨大な知識が背景にあるからこそ、生きるエッセイの数々は読んでいて本当に飽きない。たまにホロリとさせるエッセンスもあります。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

浅田次郎おすすめ小説ランキング【まとめ】

おすすめの浅田次郎小説を半額で読める+Tポイントが貯まる、使えるのは、ブックライブならではの特徴!

浅田次郎小説を購入しなくても、気になる漫画を数ページ試し読みできます。

50%OFFクーポン(半額)を利用して、浅田次郎小説をお楽しみください。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

そのほか作者別のおすすめ小説の選び方

今回はおすすめの浅田次郎小説を本音レビューしました。

当サイトでは以下の条件でも分かりやすくまとめているので、ぜひご覧ください。

本ページの情報は記事更新日時点のものです。最新の配信状況はブックライブ公式HPにてご確認ください。

-人気作家の小説おすすめランキング

© 2021 電子書籍ストアの図書館|2021年電子書籍サービスおすすめ比較【31社ランキング】