【2021年】芥川龍之介おすすめ小説ランキング20選|初心者・中学生・短編の代表作

8月 12, 2021

芥川龍之介おすすめ

芥川龍之介の小説を読むために、実際に私が電子書籍で読み漁ったおすすめ小説をご紹介。

期待して購入したのに「面白くなかった、読んだ時間損したかも」と感じないための人気作品を本音レビュー。

2021年おすすめの芥川龍之介作品のあらすじ・見どころを掲載してるので、ぜひ参考にしてください。

29社の電子書籍ストアを使って漫画を読んだ経験から、オリジナルランキングを作成しました。

漫画のあらすじ+編集部の見どころをレビューしていきます。

1.羅生門

羅生門

あらすじ

大正期に活躍した「新思潮派」の作家、芥川竜之介の代表的な短編小説。

芥川文学の原点として注目されており、高校国語教科書に現在も採用されている。

原典は「今昔物語集」巻二十九第十八とされる。

編集部の見どころ解説

あおい司書
退廃的で粘っこく、気味が悪くて後味の悪い読み物です。まるで小説の一部分を無理矢理切り取ったかのような簡潔さも、不気味な雰囲気の一役を担っています。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

2.鼻

鼻

あらすじ

原話は「今昔物語集」巻第二十八「池尾禅珍内供鼻語」第二十。

長すぎる鼻を気にしている「禅智内供」がどうにかして鼻を短くしようと奮闘する話。

執筆当時、久米正雄に高く評価を受けた。

編集部の見どころ解説

あおい司書
自分の外見にコンプレックスを抱いている人は読んでみるといいかもしれません。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

3.藪の中・将軍 アニメカバー版

藪の中・将軍

あらすじ

ある一人の侍が「藪の中」で殺された。

犯人と目される盗人、被害者の妻、そして巫女の口を借りて語る被害者。

当事者三人の言い分は、それぞれに心理的必然性とリアリティを持ちつつも、決定的に食い違っていく。

編集部の見どころ解説

あおい司書
何かを慮る。自分を曝け出すことができない。少しずつ嘘があるのが人間らしさなのかと思いました。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

4.蜘蛛の糸・地獄変

蜘蛛の糸・地獄変

あらすじ

大正7年、芥川はすでに文壇に確たる地歩を築き、花形作家としての輝かしい道を進んでいた。

愛娘を犠牲にして芸術の完成を図る老絵師の苦悩と恍惚を描く王朝物の傑作「地獄変」、香り高い童話「蜘蛛の糸」ほか、創作意欲の下に作品の趣向は変化を極めている。

編集部の見どころ解説

あおい司書
話に引き込む言葉選び、描写の仕方、構成。ただただ面白く、貪るように読み進めていきました。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

5.羅生門・鼻・芋粥 アニメカバー版

羅生門・鼻・芋粥 アニメカバー版

あらすじ

舞台は横浜、孤児院を追われた主人公・中島 敦。

とある自殺志願の男・太宰 治を助けたことから、異能力集団「武装探偵社」に所属することに。

やがて、ポートマフィアの芥川龍之介らや、北米の異能力集団・組合(ギルド)との対決が激化していく――!

編集部の見どころ解説

あおい司書
皮肉な視線が小気味よく描かれていて面白い。美しい文章を読むのは、心地よい音楽を聴くのと同じように、気持ちのいいものです。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

6.トロッコ

トロッコ

あらすじ

8歳の良平は鉄道工事を見るのが大好きな男の子。

土を運ぶトロッコに乗りたいと思うのだが……。

幼き日の少年のほろ苦い冒険談。

編集部の見どころ解説

あおい司書
好奇心と剥き出しの感受性の塊みたいな八歳の少年の心をそのままみずみずしく表現できている所が作者の凄さです。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

7.河童

河童

あらすじ

大正期に活躍した「新思潮派」の作家、芥川竜之介の代表的な小説。

ある精神病患者が河童に会った話をする。

河童の住む不思議な国を描きながら、人間の醜さや欲望を鋭くえぐる。

編集部の見どころ解説

あおい司書
精神病患者が話す河童の話が非常に興味深い。印象に強く残る一冊となりました。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

8.佐藤春夫氏の事

佐藤春夫氏の事

あらすじ

大正期に活躍した「新思潮派」の作家、芥川竜之介の短い人物記。

全4箇条で構成、佐藤春夫の人と作品について述べている。

氏とその作品の要所を的確に指摘した貴重な資料である。

編集部の見どころ解説

あおい司書
読み始めたら止まりません。名作には名作なりの理由があるのだと感じた一冊です。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

9.松江印象記

松江印象記

あらすじ

松江の美しい印象についての話と、松江の川を利用した都市計画についての意見などが書かれている。

井川恭が、失恋の痛手を負った芥川を故郷の松江に招待し、その到着直後に書いた文章である。

編集部の見どころ解説

あおい司書
この印象記は日本海側に位置する松江という城下町を感性豊かに表現しています。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

10.鴉片

鴉片

あらすじ

「クロオド・フアレエル」の作品など、西洋、中国の鴉片の匂いを感じる文学作品について述べている。

鴉片の煙に東洋的な死のイメージ、幻想性を見ている。

編集部の見どころ解説

あおい司書
史料に基づいているとはいえ、著者独特の視点から一つの話にまとめ上げている力量には感嘆します。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

11.或阿呆の一生

或阿呆の一生

あらすじ

芥川自身の人生を題材にしているとされ、51に別れた章立ての48以降では自らの死を意識しており、晩年の思想が見て取れる。

芥川の個人史研究としては、正確な記録とは言い難いと指摘されている。

編集部の見どころ解説

あおい司書
芥川が最後に書いたという小説。死に至るまでの思想や出来事がありありと並べられています。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

12.着物

着物

あらすじ

夢の話として語られており、広い座敷にいる人々が思い思いに着物に対する品評をする内容。

最も槍玉に挙げられている痩せた男は芥川自身である。

着物批評の形を借りた文芸批評とする見方がある。

編集部の見どころ解説

あおい司書
夢の中で、お互いに着ている着物や洋服を批評しあっていたという話。文芸批評と言う目線からも面白いです。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

13.猿

猿

あらすじ

「私」は軍艦の乗組員であり、横須賀へ入港した時盗難事件が起こる。

典拠として、ジュール・クラルテ著・森鴎外訳「猿」の存在が指摘されている。

編集部の見どころ解説

あおい司書
海軍の戦艦内で発生した盗難事件という特殊な状況下の話。スリリングな展開に一気に読み終えました。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

14.島木赤彦氏

島木赤彦氏

あらすじ

芥川の短歌観、人生観に多大な影響を与えた島木赤彦への追悼文。

芥川の短歌が白秋や茂吉の模倣に留まらないことを知ることができる貴重な資料。

編集部の見どころ解説

あおい司書
体調が優れない頃の著者が書かれたもの。短いですが、印象が強いです。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

15.霜夜

霜夜

あらすじ

仕事を終えた深夜、霜の降りる寒さの中で伯母「フキ」が古い綿を伸ばしている様子など、日常生活をまとめた小品。

伯母への哀愁と労りがかいま見られる作品。末尾には伯母へ捧げたらしき句がある。

編集部の見どころ解説

あおい司書
午前零時には床に就くようにされていた由、健康には気をつけていた様子が窺われます。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

16.秋山図

秋山図

あらすじ

舞台は清の時代、「王石谷」が黄公望の秋山図の話をする。

芸術は制作者と鑑賞者の共同作業を有し、鑑賞者の想像力によって芸術は現実を越えた理想的存在になりうるというテーマを吉田精一は見る。

編集部の見どころ解説

あおい司書
読むと、自分自身がこの話の中に入り込むような気持ちになれるので、何度も何度も繰り返し読んでしまいます。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

17.侏儒の言葉

侏儒の言葉

あらすじ

定稿の他、遺稿・草稿とがある。

皮肉めいた口調で、芸術論や文学論、政治観などが綴られており、芥川の思想の変遷と共に内容は実に多岐にわたる。

編集部の見どころ解説

あおい司書
短編に命を賭けた芥川らしく、文章はとにかくコンパクトで、とにかくウィットが効いた箴言が多く、非常に楽しめました。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

18.酒虫

酒虫

あらすじ

中国山東省の「劉大成」が蛮僧に言われ「酒虫」を吐き出そうとする。

典拠は蒲松齢「聊斎志異」の「酒虫」であり、訓読文をそのまま用いているが、「酒虫」内の三つの答えは芥川らしい解釈を加えている。

編集部の見どころ解説

あおい司書
著者は酒が飲めないこともあり、酒に対して厳しすぎるのではないかと感じました。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

19.出帆

出帆

あらすじ

芥川がアメリカに留学する成瀬正一を横浜港に見送りに行った際の情景を書簡形式で描いた作品。

センチメンタリズムに没頭できない、自身の冷めた意識を描いている。

編集部の見どころ解説

あおい司書
成瀬氏の乗船した船が出帆する際の風景を描いた作品。周りのざわめいた様子、涙を流したり、感激する人々の声が聞こえてくるようです。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

20.地獄変

地獄変

あらすじ

堀川の大殿」の地獄変の屏風への執着を描いた話。

本朝随一の絵師「良秀」に屏風を描かせるが、モデルにした焼け落ちる車の中には「良秀」の娘が乗せられた。

編集部の見どころ解説

あおい司書
読みながらキリキリと胸が痛くなる。結末が最初から薄々判っていながら、読み進めずにはいられません。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

芥川龍之介おすすめ小説ランキング【まとめ】

おすすめの芥川龍之介小説を半額で読める+Tポイントが貯まる、使えるのは、ブックライブならではの特徴!

芥川龍之介小説を購入しなくても、気になる漫画を数ページ試し読みできます。

50%OFFクーポン(半額)を利用して、芥川龍之介小説をお楽しみください。

↓50%割引クーポンでお得↓


*Tポイントが貯まる、使える

 

そのほか作者別のおすすめ小説の選び方

今回はおすすめの芥川龍之介小説を本音レビューしました。

当サイトでは以下の条件でも分かりやすくまとめているので、ぜひご覧ください。

本ページの情報は記事更新日時点のものです。最新の配信状況はブックライブ公式HPにてご確認ください。

-人気作家の小説おすすめランキング

© 2021 電子書籍ストアの図書館|2021年電子書籍サービスおすすめ比較【31社ランキング】